アルジェリア、テストのカンニング対策で国のネットを切る

  • author 岩田リョウコ
アルジェリア、テストのカンニング対策で国のネットを切る
Image: Jacob Lund/Shutterstock.com

エクストリームなカンニング対策。

時代と共にカンニングのテクニックも上がってきているようです。学生がサーバーをハッキングしたり、DDos攻撃したり、裏サイトで宿題の答えを買ったり...。もう小さい紙にぎっしり答えを書いて忍ばすなんていう時代じゃなくなったんですね。そんな状況に対抗するために、アルジェリアは高校の卒業試験が流出しないように、国全体のネットを切ってしまいました

6月20日から25日のテスト期間中、それぞれのテスト開始から1時間は、国全体の無線も有線もどちらのインターネットも遮断しています。なんともエクストリームなアルジェリア。全部で11回、各1時間の遮断があるとのこと。2016年にアルジェリアでは、テストがネットに流出してしまい、2017年はSNSを遮断したそうですが、それだけではうまくいかなかったので、今回国全土のネットを切ってしまえということらしいです。

この決定について教育省は「嬉しいものではない」としていますが、流出の可能性があるのに傍観していられないということで、実施に踏み切ったそうです。

テストが実施される学校では、金属探知機も導入されてスタッフも含め、誰もインターネットが使えるデバイスを持ち込めないようになっています。テスト用紙が印刷される場所には、監視カメラ、そして電波妨害装置までも設置されています。

Al Jazeeraによると、政府は2017年のSNS遮断の結果データを出していないため、実際のところどれくらい効果があるのかもわからないとのこと。国全体のネット遮断で果たしてアルジェリアのカンニング問題、解決するのでしょうか。カンニングは防げたとしても、その間、会社とかどうなるんでしょうね...。


Image: Jacob Lund/Shutterstock.com
Source: BBC

Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US[原文
(岩田リョウコ)

gather round 特集ページ

こちらもおすすめ