平面のサッカー映像をARに変換する研究。将来はテーブルでワールドカップが見れるかも?

  • 6,838

  • author ヤマダユウス型
平面のサッカー映像をARに変換する研究。将来はテーブルでワールドカップが見れるかも?

ソファにポップコーンではなく、立ち見でジーマをあおるサイバー観戦。

ただいま、ワールドカップ真っ最中。日本の初戦勝利にネットもリアルも盛り上がっていますが、未来のサッカー観戦はテレビではなく、AR映像を投映したテーブルを囲むようになるかもしれません。

Video: Konstantinos Rematas/YouTube

Soccer On Your Tabletop」と名付けられたこの研究は、TVで見る普通のサッカー映像をソースに、3DのARサッカー映像を構築するもの。2018年6月18日からソルトレイクシティで開催されている、コンピュータービジョンとパターン認識の国際会議CVPR 2018で発表されました。

TechCrunchがこのシステムを詳しく解説しています。映像に映っている選手の動きを追跡・予測し、ゴールラインなどの位置関係から深度データを採取。選手の3Dモデルを作成し、人物のリアルさに定評があるゲーム『FIFA 18』から抽出された3D人物モデルにリマップする、というのが一連の仕組みです。この選手は『FIFA』のキャラクターなのか!

YouTubeにある低画質な映像もAR化できてしまうのはすごいし、何より二次元映像を3Dできるのは革新的です。あらゆる角度から見るっていう、映像に対するある種の夢が叶っちゃいますからね。これが見れるならAR・MRデバイスが欲しいという層も、少なくない気がしますよ。

にしても、実際の選手の動きをモーションキャプチャしたサッカーゲームに、実在の選手を置き換えるとは、見事すぎる発想。コートに選手が散らばっているサッカーだからこそ出来るのもあると思いますが、バスケだと『NBA 2K17』がモーションキャプチャしまくってるし、同じように3D化できるのかな?


Image: Techcrunch
Source: Soccer On Your Tabletop via Techcrunch, YouTube

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by