エッジが効いたルックス&サウンド。Astell&Kernから2機のプレーヤー登場

  • 5,650

  • author 武者良太
エッジが効いたルックス&サウンド。Astell&Kernから2機のプレーヤー登場

個人的にはこっちがいいかな?

スマホ&トゥルーワイヤレスイヤホンの組み合わせもいい。けれど、高音質なオーディオプレーヤー&有線イヤホン・ヘッドホンもまた、いい。醤油味も好きだしソース味も好きなんです。だからどっちかなんて選べないんです。

で、後者です。Hi-Fi好きな方にお知らせです。高音質なiPod、じゃなくてオーディオプレーヤーを作り続けているAstell&Kernから、あらたに2台のDAPがリリースされます。

A&norma SR15:意外と合理的なナナメディスプレイ

IMG_3674
Photo: 武者良太

エッジの効いたアルミニウムのボディに、3.3インチモニタを斜めに配置するというアバンギャルドな1品。コンパクトで握りやすいプレーヤーって、握った指で画面の一部を覆いがちでしたが、「A&norma SR15」にはそれがありません。理にかなったデザインで好印象。

IMG_3680
Photo: 武者良太

サウンドを聴いてみると、これまたGOODテイストで惚れちゃいそう。アタックもリリースもスパっと切れる、弾力性をともなった音なんですよ。ベースやピアノ鍵盤左のほうなど、多くの電力を使う低音域であってもシャープさを保っています。ゼロから100、そして100から0に音量が変化する際に全域で高い制動を行っている感じ。楽しげな曲を、もっと楽しくライブに鳴らしてくれる1台ですねこれは。

そしてロックナンバーと、合う! かなり元気のいい鳴らしっぷりですよ。

スペックとしてはシーラスロジック製DAC・CS43198を2機使って、PCM 192kHz/24bit、DSD64(2.8MHz/1bit)までのネイティブ再生を行います。ハイレゾトラックが増えてきた昨今ですが、このデコード力があればまず十分かも。ただし、USB端子がmicroUSBなところがちょいマイナスでしょうか。

お値段は9万9980円。え、このプライスでエントリークラス? つ、強気だ...。でもその価値ある音だとみました。

A&futura SE100:耳がよくなったと錯覚するくらい音がクリア

IMG_3703
Photo: 武者良太

もう1機はミドルグレードとなる「A&futura SE100」です。価格は21万9980円でクラっときますが、最上位機種であるA&ultima SP1000は49万9980円と、とびっきりなんですよね。

ところで世の中にはレンズ沼、カメラ沼という言葉があるじゃないですか。10万円とか20万円くらいのレンズやボディなら、「これも投資だ」と覚悟の言葉を唱えながらポチっちゃう皆さまがおハマりしていらっしゃる、あれ。

はい、オーディオの世界にもあるのです。沼が。「これはいい音だ! 買っちゃえ!」と脳内財務省のハンコが押される、あれが。

IMG_3659
Photo: 武者良太

そして「A&futura SE100」の音もデリシャス極まりない...!

A&norma SR15は元気さ重視でやや筆が荒れることがあり(それが魅力でもある)、A&ultima SP1000はアーティストのニュアンスを再現するかのごとくハイ&ロー、ワイド&ナロー全域を描ききる達筆なスキルを持っています。対して「A&futura SE100」はロットリングで描いた精緻な図面を見るかのよう。Theクリア!

IMG_3661
Photo: 武者良太

とにかくヌケがいいんです。波形で見ると複雑怪奇な動きを見せるシンバルのしゅわんしゅわんといった音も、クリア。金属板のたわみまで脳内で想像できるくらい、リアルなんです。

響きという点においてはA&ultima SP1000に劣りますが、どこまでもシャープな描きっぷりが生きるエレクトロニカや、昨今のポップスを聴くなら「A&futura SE100」のほうがいいかもしれません。覚醒力のあるサウンドで数多の音が入り交じるシーンでも、1音1音をキレイに鳴らそうと頑張ってくれるのですから。

DACには8chぶんの回路が入ったES9038PROを使っています。それを片チャンネルごとに4回路を使ってデコードの精度を高めているとのこと。8コアのCPUで操作時のレスポンスはキビキビとしており快適。PCM 384kHz/32bit、DSD256(11.2MHz/1bit)までのハイレゾ音源のネイティブ再生に対応しています。

IMG_3664
Photo: 武者良太

新たに出た2機のAstell&Kern。価格の違い=グレードの違い、ではなく、それぞれに個別の個性をもたせたものに仕上がっているようです。もしもハイグレードなオーディオプレーヤーが欲しいと思ったならば、まずは試聴からどうぞ! ご自分の趣味趣向に合うのがどのモデルか見極めたほうが、幸せの世界までショートカットできますよ。


Photo: 武者良太
Source: iriver Japan

(武者良太)

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ