そのカメラ、360度回します。3軸制御のモーションコントロールシステム「Capsule360」
Image: Kickstarter

そのカメラ、360度回します。3軸制御のモーションコントロールシステム「Capsule360」

これで星景ラプスしたいなぁ。

カメラを動かしながら撮影する、ハイパーラプスやドリー撮影。なかなか簡単にできるものではないのですが、Kickstarterでキャンペーン中の「Capsule360」ならそうしたエモい撮影が簡単にできて、しかもスマホ撮影でも応用できて、なんかもう最強になれます。

Video: MIOPS/YouTube

Capsule360は回転するモーションコントローラーで、三脚とカメラの間に噛ませば滑らかな回転撮影が可能です。ゆっくり回転させながら動画撮影やインターバル撮影をすることで、vimeoっぽいハイパーラプスも簡単にできちゃいます。操作はすべてアプリで完結。

180621capsule360_04
Image: Kickstarter

また、Capsule360本体の他にも、別売のスライダードリー(台車)、L字ブラケットなどを使うことで、あらゆるモーション撮影が可能に。たとえば、スライダーとL字ブラケットとCapsule360を2つ使えば、スライダーによる左右or前後移動+回転+上下と、3軸を支配できてしまうんです。全てのユニットがワイヤレスで連携できるのもすごい。すっごい。

180621capsule360_02
Image: Kickstarter

アプリで制御するモーションコントローラーアクセは、「Syrp Genie」や「Radian 2」などがあります。Capsule360もその系譜に連なるものですが、こういうのが1セットあれば定点撮影の表現幅もグっと広がりますな。デジタルカメラはもちろん、スマホでの本格撮影を楽しむ人にもこうしたアクセはあり寄りのありです。特殊撮影で差をつけちゃえ、です。

199ドル(約2万1910円)からの出資でCapsule360が1つ、そこからセット内容が増えるごとに金額がアップしていきます。上下チルトもスライドもやりたいのじゃという人は、679ドル(約7万4760円)をご用意下さい。用意、してしまいたい……!


Image: Kickstarter
Source: Kickstarter, YouTube

ヤマダユウス型

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

こちらもおすすめ