警察のSF感は加速する一方。DJIがテーザー銃のAxonと連携して警察用ドローン販売へ

  • author そうこ
警察のSF感は加速する一方。DJIがテーザー銃のAxonと連携して警察用ドローン販売へ
Image: Axon

つよそう。

アメリカ現地時間で6月5日、ドローンメーカーのDJIとテーザー銃(有線の電極を射出する一種のスタンガン)を手がけるAxonが、米警察に対して監視ドローンを販売することで提携したと発表しました。Axonはボディカメラの製造でも知られており、DJIと提携することで空飛ぶカメラになるというわけ。タッグを組んだ監視ドローンは、Axonの「Axon Air」プログラムを通して販売。撮影された映像は、AxonのクラウドでデータシステムEvidence.comとリンクされます。つまり、すでに下地があるとこに、空からの映像部門としてDJIが参加するという流れ。

DJIの担当者Michael Perry氏はプレスリリースにて「今回の連携によって、公の安全を守るため、緊急時に対応するため、命を救うため、警察の力を強化することができる」とコメント。Axonも自社サイトにて、「捜索&レスキュー、交通事故時の整備、群衆モニタリング、自然災害対応」など、利用できるシチュエーションの広さをアピールしています。

ドローンによる空からの警備は、比較的安価であること、自動でできること、また監視のレベルを大きく強化できることから、警察にとってはいいことだらけ。今後、導入が進むのは明らか。シカゴでは、すでにデモ発生時に警察が顔認証つきドローンを装備することを許可するという法案があがっており、ドローン監視は前進方向にあります。それどころか、すでに使用しているありますから。

ドローン監視となれば、もちろんプライバシーに関して住民から声があがります。ただ、ドローンの映像が客観的な証拠となる、犯人確保の時間短縮につながるという利点もあり、良い点も悪い点も両方ありそうな感じ。ドローンに限らず、テクノロジー採用が本格的になってきた今、いろんなことがグレーなのです。



Image: Axon
Source: Cision, Axon

Sidney Fussell - Gizmodo US[原文
(そうこ)

あわせて読みたい

powered by