現代の習い事だ…。eSportsをコーチから教えてもらうサービス、はじまる
Image: PR Times

現代の習い事だ…。eSportsをコーチから教えてもらうサービス、はじまる

習い事にも時代の変化を感じる。

私の時代の習い事といえば、そろばん、ピアノ、習字、サッカー、バレエ、がメジャーどころでした。しかし、最近では英語が重要視されて幼稚園入園前から英語の習い事をさせたり、2020年から必修科目になるプログラミングの準備にとプログラミングを学ばせたりするようになってきました。これだけでも時代の流れを感じるな、と思っていましたが、ついに超今っぽい、というか超今年っぽい習い事が登場!

なんと、eSportsプロゲーマーからコーチングしてもらう習い事なんですって。

7月1日からスタートする、プロゲーマーからコーチングを受けられるGamerCoach」は、「プロゲーマーになってeスポーツ大会で億単位の賞金稼ぎたい。でもどうやってプロゲーマーになればいいかわからない」という夢みるアマチュア・ゲーマーと、「プロになったはいいけどフルタイムで活躍するほどではない。自分のゲームスキルを活かしたい」というプロゲーマーのニーズをマッチングさせたドリーム・プラットフォーム

コーチングしてもらえるゲームは現時点で『Overwatch』『League of Legends』『Dota 2』『PlayerUnknown’s Battlegrounds』『Hearthstone』『Counter - Strike: Global Offensive』で、ランクと金額を選ぶことができます(タイトルは変更になる可能性もあり)。

コーチングのスタイルですが、ゲーマー向けチャットシステムのDiscordSkypeを使って画面共有をしながらプレーをみてもらう、もしくは動画を一緒に鑑賞して指導してもらうようになるそうです。

公式ページを見る限り、価格は1時間単位で〜999円、高いものは5,000円という設定。5,000円以上なんてどんなことを教えてもらえるのでしょう、気になります。

プロゲーマーは瞬発力と集中力が必要で体力的にもきついので活躍できるのは25才くらいまで、なんて言われています。なのでプロゲーマーを目指してこのコーチングを受けるのは若い子が多くなる可能性が高いのでは。決して安からぬ授業料も発生しますし、プロを目指してともに歩んでくれるなら、親ともコミュニケーションを図ってくれるといいのかも。私なら、息子がこのコーチングを受けたいと言ったらコーチと面談してマイルストーンなんかについて話をさせてもらいたいですね…。

今後ニーズが高まるかもしれない職業ゲーマーへの習い事。近い将来、プロゲーマーを目指す子供を持つ親が「どのコーチがオススメよ」なんて情報交換するようになるのかもしれません。


Image: PR Times
Source: PR Times, GamerCoach

中川真知子

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

こちらもおすすめ