壁や柱にピタッとくっつく!スマホケースに収納できる小型カメラ
Image: Indigogo

壁や柱にピタッとくっつく!スマホケースに収納できる小型カメラ

  • 10,103

こんなカメラ欲しかったわ〜。

スマホのインカメラで撮る自撮りは構図が限られてしまいますよね。廃れてしまった「自撮り棒」も長さが限られるうえに、荷物にもなる。もっと言っちゃえば、自撮り棒を取り出す自分が恥ずかしかったり。せっかくの綺麗な景色も伝わらず、皆にシェアしたいのにツライ...。こんな時、全員の顔がちゃんと写るような写真が気軽に撮れたらいいですよね。

そんな不満を解消してくれる、専用のスマホケースに収納できる小型のカメラEvo GoCam」がクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場しました。

evogocam2
Image: Indigogo

ケースから取り外したカメラは片面が吸着性のある素材になっているので、レンガや木などさまざまな場所に貼り付けられます。撮影アングルに縛られることなく、あたかも誰かに撮ってもらったような撮影が可能です。

CEOのマリオさんは開発の背景についてこう語っています。

Video: Evo Camera/YouTube

いつも私が息子の写真を撮るので、私と息子が一緒に写っている写真はありませんでした。そこで私は自撮り棒やGoProを試したのですが、持ち歩くことはなく問題を解決してくれませんでした。そこで気付いたのです、スマホなら毎日持ち歩く、って。

(ありがとうマリオ...)

必要な時にカメラのみを取り外して、使わないときはスマホケースに閉まっておけるって、便利すぎません?

どこにでも貼り付けられるため、監視カメラ、車の後方確認用、そしてライブストリーミング用としても使用することができます。また、ヘルメットや自転車などに装着してアクションカム的に使うこともできちゃうんです。

evogocam3
Image: Indigogo

ケースから外した状態のカメラ本体は厚みがわずか6mmで、画質は500万画素、1080pの動画撮影に対応。またWi-Fi機能を備えており、専用のスマホアプリをEvo GoCamに接続すれば、カメラに写っている映像をスマホ上でリアルタイムで確認したり、撮影したデータをスマホに転送することもできます。

ちなみに、Evo GoCamが装着できるスマホは、iPhoneのほか、サムスン製のアンドロイド端末など。カメラ本体とスマホケースのセットが89ドル(約9,800円)、それに防水ケースとアクションカメラアダプターを追加したセットが123ドル(1万4000円)で入手できます。

スマホケースと一体化したEvo GoCamを持ち歩いて、写真や映像のバリエーションを増やしてみませんか?


Image: Indiegogo
Source: Indiegogo, Evo GoCam, YouTube

(I・チチカカ)

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

こちらもおすすめ