10秒で理想の靴とマッチング。3DスキャンとAIで足本来の形を測ってくれるデバイス

  • 5,517

  • author 中川真知子
10秒で理想の靴とマッチング。3DスキャンとAIで足本来の形を測ってくれるデバイス
Image: ©Copyright Flicfit All rights reserved. via Flicfit

靴選びって終わりのない旅みたい。

私は足を浮かせたときと踏みしめたときで幅が変わる「開帳足」(いわゆる「こんにゃく足」)でした。過去形なのは、5年間年中夏なマレーシアでビルケンシュトックだけ履いていたために、いつの間にか治っていたからです。でも治ったからといって靴選びから解放されたわけではありません。昔と比べると楽ではありますが。

では女性の靴選びってどれくらい大変なのでしょうか? 女性の足元、特にヒールに注目してみればわかるかもしれません。かかとがパカパカしている、踏み込むと両幅にスペースが広くできている、こねくり回すように歩いている、足の指が歪んでいたりつま先の形を変形させるほど出ている…こういった場合、靴のサイズがあっていないのです。

デパートの靴コーナーで働く女性ですら、足長、足囲、足幅がきちんとフィットした靴を履いていない場合があるので、デザインと足長だけで選んだ「間違った靴」を履いている率が高いのはしょうがありません。

ここまで読んで「へー、なら足長、足囲、足幅を合わせた靴を買えばいいんだね」と思うかもしれませんが、これがむっちゃハードル高いんですよ。ファッション系靴屋に行って「細幅ありますか」とか言っても「?」なんて反応されますしね。

そこで靴選びに悩む全女性に朗報!! シューフィッターさんの豊富な知識と経験と接客時間に大きく左右されていた「靴選び」が3DスキャンAIの力で簡単に、そう超簡単になったんです! すでに店頭で扱われているので見たことがある人も多いかもしれませんが、改めてご紹介しましょう。

それは、高精細3DスキャナーとiPadと専用アプリでカスタマーにぴったりの一足を瞬時に提案する「FlicFit(フリックフィット)」です!

Video: Flicfit/YouTube

動画を見ていただければわかる通り、足を3Dスキャナーの上に乗せれば10秒で最適な靴を見つけてくれます

「ぴったりな靴」を探せる秘密は「3D x AI」と「靴の内寸」を計測できる世界初の「シューデジタイザ」技術にあります。3Dデータでシューフィッティングをするなら靴の内寸計測が不可欠ですが、スキャナーだと外寸しか測れないんだそう。Flicfitは独自の特殊技術を開発することで、この問題を解決したそうです。

ここ10年、私は特定のショップの特定のシューフィッターさんからしか靴を買っていません。長い付き合いで私の足の具合だけでなく好みまで把握してくれているので大変助かっていますが、それでも靴選びはフィッティングを含めて1時間ほどかかります。私の場合はシューフィッターさんとの関係も楽しんでいますが、そんなやりとりなしにすぐ手に入れたいなら、Flicfitが大活躍すること間違いありません。

簡単スキャンなので接客時間を大幅に削減することができるうえに、知識と経験の浅いスタッフでも顧客が満足できるサービスを提供することができます。商品は後日宅配されるので、かさばる荷物を持って帰らなくていいのも嬉しいですね。

ヒールに悩んでいる方、是非試してみてはいかがでしょうか。自分の足を理解することもできて靴選びが楽になるかもしれませんよ。


Image: Flicfit
Source : Flicfit

中川真知子

あわせて読みたい

powered by