iOS 12の新おやすみモードなら 間違った恋は もうしない

  • 10,522

  • author そうこ
iOS 12の新おやすみモードなら 間違った恋は もうしない
Image: GoodStudio/Shutterstock.com

「今、何してる?」

WWDC2018の基調講演で発表されたiOS 12。あれこれ新機能はあるものの、1番生活に密着しているという点で言うなら、何よりも「新おやすみモード」に注目したい。この機能を見て、こう思った人は少なくないはず。

あの時、この機能があれば…。不毛な恋に時間を費やすこともなかったのに。未練が残るあの人のことも、早く忘れられたのに。都合のいいヒトなんて呼ばれること、なかったのにな。

おやすみモードや運転中の通知停止モードは、以前からあったiOS機能です。しかし、ライフバランスを考えたAppleは、iOS 12のアップデートによっておやすみモードを強化。モード発動中は画面が暗くなり、ロック画面の通知が非表示になります。つまり、iPhoneの明かりや通知で眠りを邪魔されることがない=睡眠の質が高まるという話。しかし、このモード、よくよく考えて見れば、高まるのは睡眠の質だけではありません。恋の質…も高まる気がしません?

「今、何してる?」

「もう寝ちゃったかな?」

真夜中のこんなメッセージ、危険ですね。気になるあの人や、忘れられない元恋人から、こんなメッセージが来たら反応せずにはいられません。結果、電話したり、飲みに行ったり、家にいったりさ。夜という闇に紛れ、お酒という力に押され、本当は望んでいないはずの結果になることも。朝の光で後悔したことあるでしょう。「なんでヤっちゃったんだろ」てね(※この「ヤル」はとても広い意味で使っています)。

この手のメッセージは、電話やメールだけでなく、昨今、SNS経由でも飛んできますからね。強化おやすみモードじゃなければ、完全にブロックできないでしょう。また、お天道様が見ているときは、冷静に対応(スルー含む)できるものなので、朝起きてから通知を確認するならば、きっと大丈夫、あしらえます。深夜という人間の思考回路が危険な時間だけ、Appleの機能に頼ればいいのです。

受ける側だけでなく、送ってしまう側にとっても嬉しい機能です。深夜の酔った勢いで連絡してしまっても、後悔するような間違が起きることはありません。だって、相手はおやすみモード発動中ですから。見るのは明日の朝ですから。それまでに冷静になる時間は十分あるはずなので、言い訳を考えておけばいいでしょう。コトが起きなければ、取り返しつきますから(※この「コト」はとても広い意味で使っています)。

強化おやすみモードは、特定の時間や場所でモード終了できる細かい設定も可能。さらに、新機能「Screen Time」は、iPhoneの使い方をレポートしてくれ、アプリ別に使用時間をチェック、制限を設定することもできます。これも、使い方によっては、不毛な恋を早く忘れるのに役立つことでしょう。

真夜中の1本のメールで運命の人と再会、結ばれたのに…という人、安心してください。本当の運命の人ならば、Appleがどんな新機能を出してきても、きっと結ばれますよ。


Image: GoodStudio/Shutterstock.com

(そうこ)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ