HTC U12+ ハンズオン:これはスマホじゃなくて「ガジェット」だと思う

  • 25,797

  • author 小暮ひさのり
HTC U12+ ハンズオン:これはスマホじゃなくて「ガジェット」だと思う
Photo: ギズモード・ジャパン

めちゃくちゃガジェッティーな1台

グローバルから遅れること1カ月。HTCのフラッグシップスマホ「HTC U12+」が国内でも発表されました。発表会ではわずかな時間でしたが、端末に触れることができたので、早速ハンズオンをお届けします。

スペックが盛り盛りなのは言うまでもなく、エッジの効いたプロダクトデザインに、進化した「エッジ・センス」を搭載するHTC U12+。そこには、単なるハイスペックなスマホ以上の魅力がありましたよ。

HTC U12+が日本で登場! 発表会の中継はこちらから

HTC NIPPONは本日15時から、都内にて新製品発表会を開催。HTCの新しいフラッグシップスマホ「HTC U12+」を発表しました。国内モデル...

https://www.gizmodo.jp/2018/06/170192.html

デザインだけで買えるスマホって、このご時世めずらしい

180627u12k00
Photo: 小暮ひさのり
背面にスケルトンなパーツを使った「トランスルーセント ブルー」

見てくださいこれ。これは惚れるよ。惚れる! これがカッコいいってやつだな、うん!

内部が透けて見えるメカメカしさに男の子としてはテンションダダ上がりです。会場で「うわ、カッコいい」「すげえカッコいい!」を連呼するカッコイイマシーンのようになってしまいました。

HTC U12+は背面にスケルトンのガラスパネルに搭載。これは完全にスケルトンじゃなくて、指紋センサーやカメラ周りを中心に透過して見えているのです。最高にクール。このデザインだけでこの端末を選ぶ理由になると思います

edit-1125302
Photo: ギズモード・ジャパン
セラミック ブラック
edit-1125280-1
Photo: ギズモード・ジャパン
フレーム レッド

カラーはこれだけじゃなくて、「セラミック ブラック」「フレーム レッド」(これらは透けていません)を合わせた計3種。前モデルのU11から受け継ぐ「リキッドサーフェス」デザインは、液体の動きが感じられるピカピカというより、ビカビカなデザイン。光の当たる角度によってさまざまな表情を見せてくれます。

edit-1125319
Photo: ギズモード・ジャパン

しかしなにより、「トランスルーセント ブルー」の半透明の自己主張が素晴らしい。逆に、要らぬお世話かもしれませんけど、このカラー以外の売れ行きが心配です。

操っている感がアップ

edit-1125233
Photo: ギズモード・ジャパン

では中身にいきましょう。

HTCと言えば、端末をぎゅっと握って操作する「エッジ・センス」機能。前モデルのHTC U11から搭載された機能で、HTC U12+では「エッジ・センス2」へとバージョンアップ。これまでの「握る」だけではなく、「持つ」や「ダブルタップ」といった動作が加わっています。しかも、これらの各動作に、何をするかをカスタマイズできるんです。

180627u12k04
Photo: ギズモード・ジャパン

個人的にはこのランチャーの呼び出しが「端末を操っている」感があってすごく好き。

また、この他にも、カメラを起動したり、スクリーンショットを撮ったり、画面を左右に寄せたり、ホームメニューを呼び出したりなどなど。U11よりもかなり柔軟に設定変更できるようになってました。

与えられたものをそのまま使うんじゃなくて、自分好みにカスタマイズしてからがスタート! そういったオレ流に染める過程も含めて、いじるのが楽しそう。

180627u12k05
Photo: ギズモード・ジャパン
サイドボタンは押し込めない

また、触覚へのアプローチはエッジ・センス2だけではなく、物理的なボタンも排除しています。パワーキー、音量キーは感圧センサーで、エッジセンスは、感圧と超音波のハイブリッドセンサー。ボタンを押したときのフィードバックは振動で返されます

慣れないとこれはちょっと戸惑うかもしれませんね。最初勝手がわからず、「あれ? 電源ボタン押せないなぁ」とぐいぐい長押ししちゃって気がついたら再起動していました。他人に貸す際には事前に言っておきましょう。それ、押し込まなくてもいいから。と。

フロント・メイン共にデュアルカメラを搭載

名称未設定1
Photo: ギズモード・ジャパン

カメラはメインカメラが12MP(広角)+16MP(望遠)、フロントがデュアル8MPという構成。メインカメラでは光学2倍ズーム、デジタルでは10倍ズームまで対応。

さすがに10倍にするとそれなりの粗さになりますけど、デジタル併用で5倍ズーム程度まではかなり綺麗な印象でした。また、デュアルカメラを活かしてポートレート撮影も楽しめますよ。

180627u12k07
Photo: 小暮ひさのり
HTC U12+のポートレートモードで撮影

こちらがポートレートモードで撮影した写真。ポートレートは撮影サイズが4:3になります。

室内の明るさの少ないシーンでもちゃ〜んとボケますし、被写体と背景との境界も自然。これ、一眼レフカメラで撮ったって言ってもわかんないんじゃないかな? ボケの強度も設定できるので、人物を撮るのが楽しくなるカメラです。

180627u12k08
Photo: ギズモード・ジャパン

こちらは最近のトレンド機能のひとつ、キャラクターを顔に重ねられる「ARステッカー」での撮影シーン。デフォルトのカメラアプリに搭載しています。

複数人の顔も見分けてくれるので、こうして男子たちもイベント会場でキャッキャ☆してしまいました。インカメラも結構綺麗で、肌も綺麗にしてくれているみたいですね。心なしか若返って見えます。

日本版はFeliCa対応。価格は9.5万円

180627u12k09
Photo: ギズモード・ジャパン

あ、U12+はノーノッチですよ。ディスプレイは低温ポリッシュ3Dガラスによって端末の端まで画面が攻め込み、18:9の狭額縁。6.0インチのQHD(2,880×1,440)となっています。

HTC U11と比べると、画面サイズは0.5インチ広くなりつつも、狭額縁仕様のおかげで端末サイズは若干小さくなっているんです。おかげで握るときのホールド感も上々です。

OSはAndroid 8.0で、SoCはSnapdragon 845。メモリは6GB、ストレージは128GB、IP68の防水・防塵性能、そして当然のようにSIMフリー。と、盛り盛りな構成。さらに日本向けモデルでは、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応していますよ。

HTC U12+はHTC e-shopで、本日6月27日より予約開始。参考価格は9万5000円(税別)で、7月20日以降、順次出荷開始となっています。発売日は異なりますが、IIJmioや楽天モバイル、NifMo、LinkMateといったMVNO、Amazon.co.jpなどでも取り扱われます。

edit-1125390
Photo: ギズモード・ジャパン
左からフレーム レッド、トランスルーセント ブルー、セラミック ブラック

2、3年後の未来を生きているようなプロダクトデザインと、ユニークでさらにカスタマイズの余地が広がった「エッジ・センス2」。

つまり、エッジーなデザインの中に、端末を操っている感覚を意識的に溶け込ませたU12+は今を生きる「ガジェット」と言ってもいいんじゃないかと。スマホはもう一般的なデバイスになってしまったけど、これはもう一度ガジェットと呼んでもいいんじゃないかと、そう感じた1台でした。

2018年6月28日 18:40更新:トップの画像を変更しました。


Photo: ギズモード・ジャパン
Source: HTC

(小暮ひさのり)

    あわせて読みたい

    powered by