Appleの言うARってこういうことだったのか
Image: Apple

Appleの言うARってこういうことだったのか

  • 20,737

なんだもっと早く言ってくれればよかったのに。

Appleの言うARがWWDC 2018でやっとわかりました。「Appleが期待を寄せるAR」がわかったんです。これまでのARはどこかおもちゃの延長のイメージが捨て切れなかったんですが、これからiOS 12でARは変わります。ARはときどき触れる特別なものではなく、もっと身近で日常的に使うものになっていくはずです

Appleが発表したのは、共有できるARです。これまでにAppleが実現していたのは、あくまでひとつのディスプレイでのARでした。それが今後は僕のiPhoneで見られるARは、あなたのiPhoneでも見られるようになります。

方法は3通り。

AR体験(空間)を共有する

ひとつめはゲームとの相性がよさげなAR体験の共有です。Keynoteではレゴの素晴らしいデモが披露されましたが、会場で実際にARKit 2を使ったARゲーム「Swift Shot」の共有体験のデモができました。

Swift Shotは2人のプレイヤーが土台に設置されたおもちゃのSling Shot、日本語でいうところのパチンコで球を打ち合い、相手陣地の土台からパチンコを3つすべて落とせば勝ちのARゲーム。

プレイヤー2人のiPadとこの映像を撮ったiPadの合計3台がひとつのAR体験を共有しています。これがARKit 2で可能になる体験を共有するARです。

なんてことはない対戦なんですけど、実はこれまでこれができなかった! 同じ場所、同じ座標を共有していることは、言い換えればAR空間の共有とも言えます。

カフェのテーブルでできる対戦ゲームとか出てきたら流行りそうな予感。トレイとかマグがフィールドになってね。

3Dオブジェクトを共有する

これまでARと言えばポケモンGOやセカイカメラ(古いか)のようにアプリで語られていましたが、これからは写真や音楽のファイルを扱うように、3Dのオブジェクトをひとつのファイルとして共有してARで扱うようになります。


180606_ar2
Image: Apple

ここで登場するのがAppleがピクサーと協力して作ったという「USDZ」というファイルフォーマット。ピクサーが映画制作の作業工程でファイルのやり取りを簡略化するために作った「USD」というフォーマットがもとで、それを共有に最適化したのがUSDZということのようです。

180606_ar3
Image: Apple

このUSDZをiOS 12がサポートすることで、iPhoneのSafariやファイル、メッセージなどのアプリで3Dオブジェクト(USDZファイル)を扱えるようになり、実際にそのオブジェクトを現実空間に置いてみることができるようになります。KeynoteではWebでfenderのギターのデザインをカスタマイズして、実際に目の前に表示させるデモだった部分です。

さすがに今の段階ではまだまだ扱えるオブジェクト(USDZ)はほとんどない(AppleのARKitページに少しだけ)ですが、AdobeがCreative Cloudの各種ツールでUSDZの書き出しのサポートとARコンテンツを作る「Project Aero」を発表しているので、クリエイターのみなさま、どうかよろしくお願いします。

いずれはそこまで複雑じゃない物体だったら、iPhoneのMeasureでサイズを測って、テクスチャを取り込んでそのままUSDZファイルを生成できたりしたらおもしろいのだけどなあ。

コミュニケーションに使うAR

180606_ar4
Image: Apple

上の2つもコミュニケーションといえばそうですが、自分に似せた顔のAnimojiを作れる「Memoji」は最高のAR機能です。コミュニケーションは共有の極致。メッセージでもセルフィーでもFaceTimeでも使えるMemojiは毎日のコミュニケーションに使えるARです。人間はコミュニケーションが大好きですからね。これはひとつのキラー機能になる可能性があります。

最近のVtuber文化やVRチャットで流行っているアバターでのコミュニケーションにも通ずるものを感じますし、もしかしたらLINEでのチャットが当たり前になったように、ARのアバターコミュニケーションが当たり前になる日も近いのかもしれません。

Appleの言うARの方向性が見えてきた気がします。


Reference: Slideshare
Image: Apple
Source: Apple

(suzuko)

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ