さすがにダメ。インドの大学が男子トイレに監視カメラを設置

  • 8,480

  • author 岩田リョウコ
さすがにダメ。インドの大学が男子トイレに監視カメラを設置
Image: gutsulyak/Shutterstock.com

いくらなんでもやりすぎでしょ。

インドにあるDharam Samaj Degree Collegeで入試を受けていた男子学生がトイレで小型カメラを発見しました。大学に話したところ、これはトイレでカンニングペーパーを回したり、答えを教え合ったりするのを防ぐ為に大学が設置したものだと判明。法学部と経営学部の入試試験が行なわれていた教室の一番近くのトイレに設置されていたようです。

Prakash大学長によれば、カメラはカンニング防止のために試験官によって監視されており、この行為自体は必要なことだと話しています。以前、トイレでカンニングペーパーが隠されていてテスト中に受け渡しがあったため、法的な助言をしっかり受けたのちに今回のカメラ設置に至ったとのこと。学生側はカメラ発見を受けて、法的訴訟を求めています。

カメラは生徒の背中側に設置されているため、顔や大事な部分を写したりはしておらず、個人のプライバシーを侵害しているものではないと学長は反論していますが、女子トイレにはカメラは設置されていないんです。トイレにカメラも完全にアウトですけど、カンニングするのは男子学生だけだって思ってるってことでしょうか!?

先日、中国のとある高校で教室の黒板の上に監視カメラを設置して、授業をちゃんと聞いていない生徒をAI分析するというニュースもありました。学校側が生徒を信用せずに先生の目による監視だけでなく監視カメラまで使うようになって来たのは、やりすぎのような気もしますが、これが情報化社会というものなのでしょうか…。


Image: gutsulyak/Shutterstock.com
Source: Motherboard, Twitter

Sidney Fussell - Gizmodo US[原文
(岩田リョウコ)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ