ネットにはまって、世間で不良少年・少女が減っているらしい…

  • 11,426

  • author 湯木進悟
ネットにはまって、世間で不良少年・少女が減っているらしい…
Image: Kaspars Grinvalds/Shutterstock

インターネットは世界を救う…?

コンビニの前などに夜中にたむろし、酒やタバコやシンナーなどにふける不良少年少女たち。そんないびつな若者世代に遭遇するシーンが、いま世界ではドンドンと減ってきているようです。しかも、その意外なる要因は、Netflix(ネットフリックス)Facebook(フェイスブック)にあったりもするんだとか。

このほどオーストラリア国立大学(Australian National University)は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州で、1984年と1994年に生まれた子どもたちの追跡調査に基づく研究結果を発表。両グループの成長を、10歳から21歳にわたって追い続け、なんど警察のお世話になる犯罪にかかわったかを調べたのですが、過去20年ほどで少年犯罪が著しく減少したことを明らかにしていますよ。

たとえば、車両の窃盗事件にかかわった少年少女たちの数は59%減少。なにかの物品を盗んだ事件の発生件数も、同じく59%減少しました。飲酒運転を引き起こした若者の数も49%減少しています。暴力犯罪や違法薬物の使用に絡んだ子どもたちも、やはり軒並み減少しているとのことですね。

家庭でのエンターテインメントソーシャルメディアの利用が増えるにつれて、従来の犯罪形態にかかわる機会が減っていると考えられる

オーストラリア国立大学のANU Research School of Social Sciencesで研究を進めるJason Payne博士は、こんな分析を発表しています。とはいえ、これが若者たちのモラル向上の結果かと問われると、少年少女の非行の形が変わっただけだとの見方も示されていますね。今回の調査は、あくまでも昔からある犯罪の種類を追跡したものであり、いま増えているオンラインでの詐欺犯罪などに関与している若者たちは、裏で急増している危険性も指摘。

また、軽い犯罪行為で1度だけ検挙される若者の数は格段に減ったものの、悪質な犯罪に手を染め、何度も警察に逮捕される再犯や重犯の若者の数は、以前と変わっていないことも明かされているそうです。

自動車や建物のセキュリティシステムの向上など、一概にインターネットが楽しいというだけで犯罪発生件数の減少につながったとはいえない面もあるものの、家で楽しむ映画やゲーム、さらにはSNSに夢中で、昔ほど通りにたむろっては、よからぬ行為におよぶ子どもたちが目立たなくなってきたという分析は、多少なりとも当たっているように感じられます。これは日本国内でも、同じような傾向が見られるのでは?

昔はなかった種類のオンライン犯罪は、残念ながら、日本でも増えているようですが。


Image: Shutterstock
Source: Australian National University

(湯木進悟)

あわせて読みたい

powered by