6.1インチの廉価な新型iPhone、11月に遅れて登場するかも?

  • 21,809

  • author 塚本直樹
6.1インチの廉価な新型iPhone、11月に遅れて登場するかも?
Image: Twitter

商気遅れは痛いですね…。

かなりの売れ筋モデルになるとの予測もある、6.1インチ液晶を搭載した新型iPhone。気になることに、韓国筋からは販売時期が11月に遅れるとの指摘が登場しています。

韓国語サイトのThe Bellによると、新型iPhoneのうちの有機ELディスプレイ搭載モデルは9月にリリースされるようです。しかし6.1インチの液晶ディスプレイモデルは生産上の遅れから、発売時期が2カ月ほど遅れるとのこと。1モデルが遅れるなんて、昨年登場した「iPhone X」のようです。

なお報道では、6.1インチの新型iPhoneへ液晶ディスプレイを納入するのはジャパンディスプレイ(JDI)とLGだと指摘されています。ただ、両社が納入するノッチ付きの液晶ディスプレイに「光漏れ」の問題が発生しており、生産が遅れているんだとか。もしかしたら、ノッチは自己発光素子の有機ELディスプレイのほうが相性がいいのかもしれません。

ただしiPhoneファンのみなさんならご存知だと思いますが、iPhoneの発表前の生産遅れの報道は恒例行事。そのほとんどは、品薄などの問題などが発生しつつも期日にきちんと発表され、販売されています。iPhone Xの11月という販売時期は、かなり異例のものでした。

個人的には、液晶ディスプレイ搭載の新型iPhoneは販売戦略に大きく関わるため、Appleが意地でも間に合わせてくるものと予測していますが…。ちょっとだけ不安になってしまったのも事実です。


Image: Twitter
Source: The Bell via 9to5Mac

(塚本直樹)