新型iPhoneは値下げされ全モデルが9月登場? 著名アナリストが報告

  • 64,538

  • author 塚本直樹
新型iPhoneは値下げされ全モデルが9月登場? 著名アナリストが報告
Image: Wylsa.com

もう少しお求めやすく?

昨年発売された「iPhone X」は日本価格で11万円超えという、かなりリッチなプライスタグがつけられていました。しかし著名アナリストの報告によれば、今年登場する新型iPhone主力モデルで100ドル〜200ドル程度の価格引き下げられる可能性があるようです。

元KGI証券、今はTF国際証券アナリストのミンチー・クオ氏によれば、新型iPhoneは生産性能向上や部品価格の引き下げにより、製品価格も引き下げられるとのこと。具体的には、6.5インチモデルは900〜1000ドル(約9万9000円〜11万円)、5.8インチモデルは800〜900ドル(約8万8000円〜9万9000円)、6.1インチモデルは600〜700ドル(約6万6000円〜7万7000円)になるようです。

これを昨年のモデルと比べてみると、たとえばiPhone Xは999ドルから販売されたので今年は主力モデルが100ドル〜200ドルも安くなる計算になります。また、6.5インチの大型モデルが10万円前後で購入できることや、廉価版の6.1インチモデルが7万円前後とかなり割安なのも好印象です。

さらにクオ氏によれば、3つの新型iPhoneはすべてが9月に発表され、また同月に販売を開始するだろうと予測しています。つい先日には韓国筋から6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルの販売遅れが報じられましたが、これを否定する形となっています。

近年は高止まりしているスマートフォン価格ですが、2018年の新型iPhoneはちょっとお求めやすくなるのかもしれませんね。


Image: Wylsa.com
Source: 9to5Mac

(塚本直樹)