またか。iPhone SE2は結局2018年に出ないという報道

  • 29,084

  • author 塚本直樹
またか。iPhone SE2は結局2018年に出ないという報道
Image: CURVED/labs

でない、という報道。またか、という気持ち。

出る出ると数年前から噂され続け、結局出ない「iPhone SE2(仮称)」。これについてさらに希望を打ち砕くように、今年の新型iPhoneのラインアップに小型モデルはないとの情報が伝えられています。

今回の情報を報じているのはForbes。Forbesが伝えたケースメーカーOlixarの話によれば、今年に発表する新型iPhoneとしてAppleは5.8インチ、6.1インチ、6.5インチモデルを用意しているようで、すでにOlixarはそれに合わせてケースを製造しています

Olixarが伝えたラインアップにiPhone SE2がないことを踏まえ、Forbesの記者は「この情報は複数のリークや私の先月の独占報道、つまりiPhone X Mini(ForbesがいうiPhone SE2)の計画をAppleが放棄したことを裏付けています」と結論づけています。

ForbesはこれまでもiPhone SE2の情報を追っており、5月末の報道(上記「私の先月の独占報道」にあたる報道)では“今年”iPhone SE2が出るかもしれないと述べてます。つまり今回の放棄という言葉は、“今年のラインアップ”からiPhone SE2を放棄したと解釈できます。

今年のiPhoneは3モデルで決定。iPhone SE2の発表が期待されていた春イベントWWDC 2018でも音沙汰がなければ、これはもう今年の発表がなくても不思議ではありません。

180619_iphone_se2_drop_out_rumor
Image: Mobile Fun
Olixarが製造している、今年登場予定のiPhone用プロテクター。左から5.8インチ、6.1インチ、6.5インチモデル

そもそも、なぜiPhone SE2は登場しないのでしょう? 国内国外かかわらず小型で廉価なiPhoneへの需要はそれなりにありそうですが、これは端末の平均販売価格を上げたいスマホメーカーの戦略とは相反しています。さらに今年は「6.1インチの液晶ディスプレイ搭載した廉価な新型iPhone」もデビューするとあっては、廉価なiPhone SE2を投入する意義はほとんどありません

ノッチの採用によりさらに大画面化が進むスマートフォン業界において、4インチ前後のiPhone SE2がどれだけ実際に売れるのかも未知数です。仮にトップ画像のようなベゼルレスディスプレイで、5インチ弱の本体にありったけの機能を盛り込んだハイスペックモデルなら、それなりに需要はあると思いますが…。

兎にも角にも、まったく次期モデルの登場が未知数となってしまったiPhone SE2。今回の話も決まったことではありませんが、今はじっと待つばかりです。


Image: CURVED/labs, MobileFun
Source: Forbes via Cult of Mac

(塚本直樹)

    あわせて読みたい

    powered by