やっぱそうですよね! 今年の後半はAppleハードウェアがいろいろ出るとの予測

  • 43,568

  • author 塚本直樹
やっぱそうですよね! 今年の後半はAppleハードウェアがいろいろ出るとの予測
Photo: ギズモード・ジャパン
これはダンボールで作ったモック(詳しくは…

そういう報道を待っていました!

今年6月に開催されたWWDC 2018はソフトウェアの話題一色で、結局発表されたハードウェアはApple Watchの新バンドくらい。これには肩透かしを食らった方も多いことでしょう。

しかし、TF International証券のミンチー・クオ氏の予測によれば、今年後半には「Face ID搭載のiPad」「廉価版のMacBook Air」「大画面化したApple Watch」がドドッと登場するそうなんです。

ミンチー・クオ氏はApple製品の予測でおなじみアナリスト。サプライヤーからリーク情報などを絡めた彼のレポートは確度の高さに定評があります。今回のレポートは新製品の情報が満載なので、下に一覧でまとめてみましょう!

予測1:2018年後半にはFace IDを搭載した新型「iPad」、廉価版の「MacBook Air」、大画面化した「Apple Watch」が登場すると予測。

iPadは略称で、これは「iPad Pro」のことでしょう。ベゼルレスディスプレイを搭載したiPad Proについては、すでにiOS 12のベータ版からも示唆されているので、さらに可能性が高まりました。Apple WatchMacBook Airについてもすでに噂が浮上しています。

予測2:2018年モデルの新型iPhoneは、第2世代のiPhone X、6.5インチのiPhone X Plus、6.1インチの廉価モデルの3つ。これらは9月に発表&発売されると予測。

6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルは、アメリカで600〜700ドル(約6万6000円〜7万8000円)で販売され、廉価なiPhone Xという位置づけ。

今年のiPhoneは5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの3モデル構成になる線が濃厚です。これにはクオ氏も同じ意見。

予測32019年モデルのiPhoneで人気となるのは液晶ディスプレイ搭載モデル。そして、もしトリプルカメラを搭載すれば、カメラ関係のサプライヤーに大きな利益を生むと予測。

来年のiPhoneについて。来年のiPhoneはトリプルカメラになるという噂がありました。クオ氏はこれについて完全に同意はしていないものの、そのデザインについては今年の後半に判明するとのことです。


これらの予測は、クオ氏がこれまでに発表してきたレポート、あるいは他のジャーナリストやサプライヤー筋から報じられた情報と、それほど異なるものではありません。 とくに気になるのは、トリプルカメラ搭載のiPhoneが2019年に登場するかどうか、でしょうか。Huawei(ファーウェイ)の「P20 Pro」に搭載されたトリプルカメラの画質を知ってしまうと、その進化が待ち遠しくて仕方ありません。

2017年にはWWDCにて大量のハードウェアが発表されましたが、むしろ例年のスケジュールを考えると、iPhoneの発表会で新型Apple WatchやMacのアップグレードが、そしてその少し後にiPadの発表が行われるのがパターン。今年は秋から冬にかけて、新製品があれこれと登場する嬉しい季節になるのかもしれませんよ!


Photo: ギズモード・ジャパン
Source: MacRumors

(塚本直樹)

    gather round 特集ページ

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ