2019年、iPhoneからLightningが消えUSB-Cに移行する…?
Image: senrakawa/Shutterstock.com

2019年、iPhoneからLightningが消えUSB-Cに移行する…?

  • 15,809

個人的には歓迎したい。

毎年iPhoneが進化していくなか、底面のLightningポートは変わらず採用され続けています。しかし海外報道によれば、2019年モデルのiPhoneはLightningポートが廃止され、USB-Cポートに置き換えられるかもしれません。

台湾紙のDigiTimesによると、2019年モデルiPhoneの外部接続ポートにUSB-Cが採用されるだけでなく、iPhoneとiPad向けの充電器もデザイン変更がありそうなんだとか。充電器にもUSB-Cポートが採用されるかどうかについては触れられていませんが、その可能性は高いとみてよさそう。

USB-Cは高速通信と大容量の電源入力、さらに表裏のないコネクタ形状が特徴で、すでにMacBookシリーズやAndroidスマートフォンの多くで採用されています。一方Lightningコネクタの表裏がない形状は先進的でしたが、さすがに目新しさがなくなってしまったのもまた事実。さらにモバイルバッテリーなどの使い回しを考えると、USB-Cに移行するメリットは大きいでしょう。

また、以前には2018年の新型iPhoneに付属するUSB-C対応充電器とされる画像が流出したことがあります。この充電器は高速充電に対応しており、iPhoneと接続するためのUSB-C→Lightningケーブルが付属するとのことでした。今回DigiTimesが指摘した新型充電器は、これなのかもしれません。

ユーザーにとって大きなメリットをもたらすUSB-Cへの移行。唯一の気がかりは、Lightningコネクタを搭載した周辺機器への対応ですが、こちらはアダプタを使うことになるのでしょうか?


Image: senrakawa/Shutterstock.com
Source: DigiTimes, Gizmodo US

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ