将来、BMWの新パーツはジェルに3Dプリントするモチモチ技術で作られるかも

  • 5,419

  • author 岡本玄介
将来、BMWの新パーツはジェルに3Dプリントするモチモチ技術で作られるかも
Image: Dezeen/YouTube

イモ虫みたいなものもパイの蓋みたいなものも、餅のように膨れます。

かつてMITが、特殊なジェル内に素材を流し込む3Dプリンター「Rapid Liquid Printing」を開発したことがありました。伸縮するゴムなども3D印刷することができ、構造が難しい立体物でもやすやすと作ることができるんです。

これに注目したのが、自動車メーカーのBMW。彼らはクルマの内装に使うパーツに、変形する素材を組み込みたいと考え、MITのセルフ・アッセンブリー・ラボと共同開発することにしました。

Video: Dezeen/YouTube

空気圧で変形する物体を液体内3Dプリントすることから、彼らはこれを「Liquid Printed Pneumatics」と名づけました。

これにより有機的かつ複雑な形状のシリコン風船を作ることができ、車内のさまざまなパーツのカバーや関節などに利用ができるのです。まだまだ実験段階ですが、たとえばシートやヘッドレストが個人に完璧フィットするようになるとかですかねぇ。

BMWは、将来作るつもりの未来的なコンセプト・カーでこのパーツを使いたいと考えているようです。もしかしたら、車体そのものが柔らかくて変形するような未来カーが作られたり?


Image: YouTube
Source: YouTube via Fresh Gadgets via BMW, SELF-ASSEMBLY LAB

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by