この紙、動くぞ! 模型全体が駆動する「うごくペーパークラフト ペパラボ」 #東京おもちゃショー2018
Photo: ギズモード・ジャパン

この紙、動くぞ! 模型全体が駆動する「うごくペーパークラフト ペパラボ」 #東京おもちゃショー2018

質感は紙なのに動きは機械っていう、不思議な感覚。

ペーパークラフトの魅力は、紙でありながら立体感があるとか、インテリアとしてオシャレとか、色々あると思うんです。が、東京おもちゃショー2018のメガハウスブースで見かけた「うごくペーパークラフト ペパラボ」は、新世代のペーパークラフトを見せてきました。

ぜひともこのメカメカしいモーター音を聞いて欲しいのですが、もうペーパークラフトも動く時代なんですねぇ。部分ではなく全体が動いているってのがまたダイナミックで、見ていてアガります。家にこれがあると想像したら、かなりアガりません?

でも、駆動しているのは2本の単三電池と1個のモーターだけなんです。内部構造はこうなってまして。

180608paperlabo_02
Photo: ヤマダユウス型

緑のパーツを土台に、真ん中に見える透明のパーツを自立させつつペーパークラフトの中に仕込みます。似たようなパーツがペーパークラフト内の色んな場所に仕込まれていて、それらが1つのモーターと連動して駆動する仕組みです。ギアとかないんですよ。

180608paperlabo_system
Photo: ヤマダユウス型

下から見るとこんな感じ。透明パーツが歯車のように動いているのが見えますね。シンプルな構造なんですけど、横から見ると駆動部分がペーパークラフトで隠されるので、良い感じにペーパークラフトそのものが動いて見えるんです。アイディアだなー。

edit-1976
Photo: ギズモード・ジャパン

うごくペーパークラフト ペパラボは、「ダイノワールド」「サファリワールド」「オーシャンワールド」の3種が2018年7月中旬より発売予定です。価格は各2980円。波がイルカが一緒に動くオーシャンワールドが、特に気に入りました。


Photo: ギズモード・ジャパン, ヤマダユウス型
Source: 東京おもちゃショー

ヤマダユウス型

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ