ラップトップのRAM、128GBが実現する時代がやってきた!

  • 29,355

  • author 湯木進悟
ラップトップのRAM、128GBが実現する時代がやってきた!
Image: Oatography/Shutterstock.com

思わず目を疑ってしまう…。

スマートフォンなどのデバイスには64GBモデルや128GBモデルなどがあって、一般的にこの数字が高ければ高いほどハイエンドになっていきます。でも、あくまでもこれは記憶容量ROMの話。メインメモリRAMに関しては、2GBや4GBなど、1桁台の前半の容量がほとんどの時代です。これはラップトップの世界でもそれほど変わらず、いまだに4GBのRAMを装備するモデルが売り場に数多く並んでいたりもしますよね。

ところが、いまラップトップに搭載されるRAMは急速に大容量化が進んでいます。2桁台の16GBのRAMを採用するモデルも見られるようになってきました。そして、この前Lenovo(レノボ)が発表したThinkPad P52には、なんと128GBのRAMが装備されるのです。ストレージのHDD容量にも6TBモデルが用意されるほか、4Kディスプレイ、Intelの第8世代の最新CPU、NvidiaのQuadro P3200グラフィックスカードなどなど、超ハイスペックな仕様に。

ちなみに、ThinkPad P52は128GBのRAMを採用した世界初のモデルというわけではありません。すでにDell(デル)から、ワークステーションモデルのPrecision 7530およびPrecision 7730のラップトップで、やはり128GBのRAMを備えたモデルが用意されています。価格の面からいえば、決して万人向けのラップトップというわけではありませんけどね。

一昔前まで、コンピューターのRAMはMBでの表示が一般的でした。128MBや256MBのRAMが載ったWindows XPマシンをを懐かしく思い出す方だって、少なくないのでは? それが、いまやGBクラス、しかも128GBという数字がおかしくない時代を迎えています。VR対応も標準的になり、まだまだスマホでは追いつけないパソコンならではの分野の進化は、今後も目ざましいものがありそうですね。


Image: Oatography/Shutterstock.com
Source: The Verge

(湯木進悟)

あわせて読みたい

powered by