映画『スター・ウォーズ』のスピンオフ計画が保留になるのは本当なのか?

  • 18,520

  • author 傭兵ペンギン
映画『スター・ウォーズ』のスピンオフ計画が保留になるのは本当なのか?
Image: (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

”ソース”の乱れを感じる……。

映画『ハン・ソロ』の日本公開が迫る中、『スター・ウォーズ』のスピンオフ映画シリーズの製作が保留になる、というショックな話が大きな話題となりました。

その発端は映画情報サイトColiderのこちらの記事。記事によるとルーカス・フィルムが現在計画中のスピンオフ映画の製作を一旦保留にし、エピソード9の製作に注力するとのこと。

記事では『ハン・ソロ』の興行成績が目標に到達せず(同じスピンオフである『ローグ・ワン』の約半分)、評価も分かれたことが原因ではないかと分析されています。

しかし、この記事の話の出処は「事情を知る複数の情報提供者(Sources with knowledge)」。というわけであくまで”噂”であり、実際の所どうなのかは全く不明。今回の噂を「事実」かのように書いている国内のメディア/映画関係者のTwitter等もあるようで、こういったセンセーショナルな内容は注意が必要ですね。

実際の所、確かに『ハン・ソロ』の興行成績は振るわなかったものの、『フォースの覚醒』は世界歴代興行成績第3位という記録に残る大ヒットで、『ローグ・ワン』は2016年の興行成績第2位、『最後のジェダイ』は2017年の興行成績第3位とかなりの大ヒットとなっており、たった1本が予想を上回らなかったからといってやめるのかというのはかなり疑問。

また先月は『ボバ・フェット』のスピンオフ計画が進行中であるという噂も報道され、先週スター・ウォーズ関連作品でおなじみの声優トム・ケイン(『最後のジェダイ』のアクバー提督など)が「現在9本の映画が製作中」と話したとされる噂が出たばかりなので、実はスピンオフ関連の噂ははかなり錯綜しているのが実情です。

すでに正式発表された『最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が製作予定の新たな三部作『ゲーム・オブ・スローンズ』の製作者チームによるドラマシリーズに関しては現在の所、制作中止といった話は出ていません。

加えて、4月には『エピソード7』前後の時代を舞台に若きパイロットの活躍を描くアニメシリーズ『スター・ウォーズ:レジスタンス(原題)』も製作が発表されており、実際の所これからもスピンオフは勢力的に展開していく様子。

今回は書ききれないので割愛しますが、小説やコミックもかなり熱い新ストーリーを毎月のように展開しておりその勢いは全く衰えていません。

というわけで、まだまだ『スター・ウォーズ』の勢いは止まる気配は無いといっても過言ではないでしょう。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日公開。とりあえず興行とか海外での評価は気にぜず実際に見に行ってみてはいかがでしょうか。


Image: (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
Source: Colider via io9

傭兵ペンギン