イーロン・マスクの元へ「火炎放射器(じゃないやつ)」を受け取りに行く楽しい人たち
Image: Twitter

イーロン・マスクの元へ「火炎放射器(じゃないやつ)」を受け取りに行く楽しい人たち

  • 5,609

なんとも楽しそうな屋外イベント。

イーロン・マスクが所有するトンネル会社The Boring Company(ザ・ボーリング・カンパニー)が突如として売り始めた、トンネルとも掘削とも無関係な……「火炎放射器じゃないやつ(Not-A-Flamethrower)」

ひとつ500ドル(約5万4800円、税/送料は別)と決して安くないものの、500万ドル(約5億5000万円)近く売れるというバカ売れっぷりで、買った人にはお届け専用バンを用意して配送することとなりました。

ですが6月10日、マスクさんは届くまで待てない購入者のため、最初の1,000丁直接受け取れる会場を用意。SNS映えする背景を建てて、ちょっとしたイベントにしてしまいました。

楽しそうな屋外イベントになっていたようですが……ベビーカーを押しながら買いに来たご夫婦は、一体何を燃やすんでしょうか?

さて、この「火炎放射器じゃないやつ(Not-A-Flamethrower)」を購入するにあたっては、取引条件書にチェックする必要があります。その規定は、ドクター・スースの絵本『Green Eggs and Ham』を参考にしたとのことです。

・私は家の中で使用しません

・私はこれを配偶者に向けません

・私はこれで危険な使い方をしません

・一番の使い道はクリームブリュレ…

・…そして我々の能力的にこれ以上韻を踏むのは疲れます。

・同意なら箱にチェックを入れてください

次の画面はこうあります。

私は自らがどれほど賢い、または愚かだったとしても、ザ・ボーリング・カンパニーは私の行ないに責任を追わないことを理解しました。それは以下を含みます:


・他者を痛めつける

・何かに火を点ける

・灰になるまで何かを燃やす

・火炎放射器じゃないやつの近くで煙草を吸う

・燃えやすいものを火炎放射器じゃないやつの近くに置く

・友達、または異性を惹きつけるために見せびらかす

マスク流の小ギャグが炸裂していますが、要点はキッチリ押さえています。

ということで、これらに同意した人たちは商品を受け取り、背景の前で試し撃ち(?)をして楽しんだのでした。平和そうで何よりですね。


Image: Twitter
Source: Twitter(1, 2, 3

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ