空の向こうに未来が見えた。TIME誌が958機のドローンを飛ばして表紙カバーを撮影

  • 5,238

  • author 岡本玄介
空の向こうに未来が見えた。TIME誌が958機のドローンを飛ばして表紙カバーを撮影
Image: RΛMIN NΛSIBOV/Twitter

背景が夕暮れなのがまたイイ感じ。

常に時代を鏡のように映し、最新の話題を表紙に使うTIME誌。このたび95年の歴史を持つこのご長寿雑誌が、時代の波に乗ってドローンで表紙を再現しました。958機のドローンで形作った表紙をさらに別のドローンで撮影することは、彼らにとって初挑戦。

では早速、出来上がりを見てみましょう。

何ですかこれ、とてもキレイ…。また、メイキング映像で光ったまま空を飛ぶドローンはもっと幻想的です。

Video: TIME/YouTube

ドローンチームの苦労の賜物で出来上がったのがよくわかります。彼らは、平昌冬季五輪のパフォーマンスで1,200機を飛ばしたこともある、あのIntel(インテル)。どおりで無事に成功したわけですね。

このドローン編成による表紙の全高は100m。一番高い場所は地上122m地点で、ドローン同士の距離は1.5mとチョイ狭め。しかし一斉に飛び立つ様子は、まるでホタルが飛び交う庭のようです。

撮影されたのは、カリフォルニア州サクラメント近くの街フォルソム。ちなみに地元のニュースで取材を受けた見物客は、「空の上に未来が見えた」とステキな受け答えをしていたのだそうです。

以前には、中国の西安で1,374機のクワッドコプター・ドローンが本番のパフォーマンスで失敗するという珍事があったりもしました。今後、こういった光のショーが世界中に増えていきそうです。


Image: Twitter
Source: YouTube, Twitter, TIME

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by