2018年の最新「トミカ4D」は実車のエンジン音が鳴る。大人の心もガッチリと #東京おもちゃショー2018

  • 12,727

  • author 編集部
  • 山本勇磨
2018年の最新「トミカ4D」は実車のエンジン音が鳴る。大人の心もガッチリと #東京おもちゃショー2018
Photo: 山本勇磨

外車の展開もいつか。

2018年のトミカすごいぃぃ〜。ミニカーもテクノロジーのパワーを授かり、かなり進化しています。トミカで育った僕も思わずテンションが上がっちゃいましたよ。だって音がなるんですよ!

タカラトミーが10月に発売する「トミカ4D」に東京おもちゃショー2018で触ってきました。出るってニュースで見たときは「まぁそういう流れも普通かなー」程度に思っていたのですが、これが触ってみるとクオリティがすごかったです。実車に忠実な音、鳴るタイミング、すべてが従来のトミカと噛み合っていて、不自然な感じがないんです。

edit-1810-1
Photo: 山本勇磨
トミカ4Dの車種は全6種類。日産GTRが2カラー、ホンダNSXが2カラー、パトカーと救急車。1台1,600円

GTRをメインに触りました。本来なら「ぶーんぶーん」と口で言いながら走らせるモーションに合わせて、トミカ4Dではミニカー自体が走行時のエンジン音を再生してくれます。音源はもちろん実車で、しかもサーキットを借りて1から録っている本気な設計です(パトカーと救急車は例外)。

edit-1825-1
Photo: 山本勇磨

エンジンをかける瞬間も再現されていて、後輪のサスペンションを押し込むと、エンジンの起動音が再生します。日産GTRでは図太い響くエンジン音が、ホンダNSXでは高く抜けるエンジン音が、子供むけのおもちゃとは思えないマニアックなところまで再現されていました。

しかもサスペンションを軽くポンポン押し込むと、エンジンをふかせるという…! こんな快感、子どもに覚えさせちゃダメだよね…!(褒め言葉)。

エンジンを起動しているときはトミカが震えるギミックも搭載されています。これも雰囲気をあげてくれるというか、ミニカーであるトミカと、実車のエンジン音を自然にミックスする「つなぎ」として機能していました。

トミカで育ち、大人になって、僕もエンジン音の魅力がわかるようになりました。トミカが自分に合わせて成長しているようで嬉しかった…。こんなトミカで遊べる子、うらやましい。


Photo: 山本勇磨
Source: 東京おもちゃショー2018

(山本勇磨)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ