Valveが開発中のVRコントローラーが、すごく「人の手」っぽい仕上がりにアップデート
Image: STEAM

Valveが開発中のVRコントローラーが、すごく「人の手」っぽい仕上がりにアップデート

VRゲーム特化コントローラーへの探求は、尽きまじ。

Steamを運営しているValve(バルブ)は、「Knuckles」と呼ばれるVRコントローラーを開発しています。五本の指すべてを認識するオープンハンドコントローラーで、Oculus TouchやHTC Viveのモーションコントローラーが届かなかった、指による体験を実現するものです。

新たに発表された「Knuckles EV2」は、センサーの改良やコントローラー全体のフィット感向上、そして「Daydreamコントローラー」のタッチパッドのようだった親指操作部分をジョイスティックに変更されました。

Video: Valve/YouTube
Video: Valve/YouTube

コントローラーを使ってオブジェクトを掴んだり離したりするには、なにかしらのボタンを押すのが一般的。「Knuckles EV2」はそんなことはなく、手を握ったり開いたりという動作をVR内で可能とします。オブジェクトを離す動作だとトリガーのリリースがありがちでしたが、手を開くだけで離せるというのはとても現実の「手」っぽい。

Video: Valve/YouTube

この通り、各指のトラッキングも鮮やか、かつ滑らか。初期バージョンの仕様を見ると、トリガーやグリップ部分に指ごとの静電容量式センサーがあり、このあたりのセンサーが良くなったようです。握って投げる動作や、指で弾くといった動作をVRに持ち込めたら、より没入感あるVR体験が味わえるはず。

180625knucklesev2_02

「Knuckles EV2」はまだ開発者に向けた製品ですが、すでに数百台を出荷しています。また、Ars TechnicaがValveのマーケティング責任者Doug Lombardiさんに聞いたところ、消費者に向けた新たな情報ももうすぐ用意できるとのこと。

指を使ったアクションが可能になれば、何とは言いませんが揉んだりできるわけですし、VRゲームの可能性も一気に開花する気がします。値段はいくらになるんだろう。


Image: STEAM
Source: Ars Technica, Digital Trends, YouTube(1, 2, 3, 4

ヤマダユウス型

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ