watchOS 5 新機能まとめ:トランシーバーや運動チャレンジ機能追加 #WWDC18

  • 14,209

  • author そうこ
watchOS 5 新機能まとめ:トランシーバーや運動チャレンジ機能追加 #WWDC18
Image: Apple

今、最も成功しているスマートウォッチといえばApple Watch。先ほど行なわれたWWDC 2018キーノート、ユーザー満足度高い!とさんざんアピールしてましたけど、watchOS 5の発表です。友達とのワークアウトチャレンジやトランシーバなど、新しく発表された機能を見てみましょう。

20180605_watchos
Image: Apple

まずは、ヨガや屋外ラン、ハイキングなど、フィットネス機能に新たなモードが追加。運動開始・終了を感知する精度があがり、たとえユーザーが入力を忘れたとしても、Watchが自主的にワークアウトデータを入力しておいてくれます。友達同士で楽しめるワークアウトチャレンジ機能が追加。友人にチャレンジを申し入れると一定期間(デモでは7日間)の運動競争ができます。誰がより運動メニューをこなしたか、勝利するとメダルがもらえます。こういう遊び精神で運動をうながすのはいいですね。

watch_0s201806052
Image: Apple

目玉となる新機能はトランシーバ機能のWalkie Talkieアプリ。名前そのまま、Watchをトランシーバのように使うことができます。機能を利用する場合、最初の1回承認の必要がありますが、あとはWatchがトランシーバ代わり。iPhoneで通話するよりも、身軽で手軽な感じ。セルラー対応のApple Watchならば、運動中はiPhoneは家に置いて、Walkie Talkieで十分。

watch_0s20180605
Image: Apple

iOS 12で追加されたSiriの新機能「Shortcuts」は、watchOS 5でも使えます。「帰宅」とか「運動」のオーダーに、あれこれタスクをカスタマイズでいれておくと、Siriに「帰宅する」というだけでそれらのタスクを一気に片付けてくれるというもの。デモでは、家までの地図表示、帰宅メール、車の中で聴くラジオの再生などが一気タスクされていました。また、Siriをより使いやすくするため「Hey Siri」の掛け声コマンドなしで、腕をあげるだけでSiri発動できるようになります。

watch_201806056
Image: Apple

その他、音楽しか聞けなかったApple Watchですが、watchOS 5から、ポッドキャストも利用可能に。ウェブ観覧もできるようになり、通知から簡単なタスクならこなせるようになりました。

watchos_20180605
Image: Apple

ソフトのアップデートだけで、ハードウェアの話は特になし。ただ、PRIDEエディションとしてレインボーのバンド盤面がリリースされています。


Image: Apple
Source: Apple

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(そうこ)

あわせて読みたい

powered by