watchOS 5見参! 期待のあの機能は搭載されているの? #WWDC2018

  • 11,246

  • author 三浦一紀
watchOS 5見参! 期待のあの機能は搭載されているの? #WWDC2018

肩すかし感ハンパない。

AppleWatch向けの最新OS「watchOS 5」が発表されました。

0605WWDC_watchOS5-02
Image: Apple

アクティビティの正確さが向上し、友だちと競い合うことができるようになりました。そして、ヨガやハイキングなどの種目も追加されました。

0605WWDC_watchOS5-03
Image: Apple

リアルタイムボイス」という、トランシーバーのような音声チャット機能が追加されました。

0605WWDC_watchOS5-04
Image: Apple

Siri WatchFaceがサードパーティに対応。手首を上げるだけでSiriが起動するようになりました(これはちょっと便利そう)。また、通知が来たらボタンを押すことで、機能が継続できる「Iinteractive Notification」も追加されました。

0605WWDC_watchOS5-05
Image: Apple

Webページが見られるようになりました。そしてPodcastアプリも登場しました。

だがしかし! 僕らが心の底から求めていた機能は、今回も追加されませんでした。

そう、「サードパーティ文字盤への対応」です。もう、アップルが用意してくれる文字盤には飽き飽きなんだ。もっと自由にAppleWatchの文字盤を飾りたいんだ!

いつになったら、サードパーティの文字盤が使えるようになるんだろう……。ねえ、Apple?

WWDC 2018まとめ:発表された12のコト

Apple(アップル)の年次デベロッパー向けカンファレンス「WWDC」が今年も開催されました。去年のWWDCでは大量のハードウェアが発表されたこと...

https://www.gizmodo.jp/2018/06/all-about-wwdc-2018.html


Source: Apple
Image: Apple

(三浦一紀)

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ