マジックテープで抜群の固定力! 万能ストラップ「WRAPTIE」を使ってみた

  • 5,034

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author メディアジーンメディアコマース
マジックテープで抜群の固定力! 万能ストラップ「WRAPTIE」を使ってみた
Photo: 増田準也

ライフハッカー[日本版]より転載:

気がつけば身の回りにあるマジックテープ製品。脱着が簡単なのに一定の固定力もあるという、バック類やアウトドアグッズには欠かせない存在です。現在、machi-yaでクラウドファンディング中のタイダウンストラップ「WRAPTIE」はそんなマジックテープをフル活用した万能ストラップです。

今回は、さまざまな使い方ができるこのストラップを実際に試してみました。

バックパックの容量を拡張できる

20180706-wraptie02
Photo: 増田準也

例えば、急に荷物が増えてしまったけど手はふさげないという場合、困りますよね? そんなときは、荷物をWRAPTIEでバックパックに巻きつけてしまいましょう。WRAPTIEには伸縮性があるので、テンションをかけながら巻いていくだけで簡単に固定ができます。今回は例として、カメラの三脚とアウトドア用のチェアを巻き付けてみました。

20180706-wraptie03
Photo: 増田準也

固定力についても申し分なし。合計5kgほどのチェアと三脚をくくりつけてジャンプしても、ズレずにしっかりと固定されています。

ワゴンやキャリーにしっかり固定できる

20180706-wraptie04
Photo: 増田準也

BBQやアウトドアでは定番となったワゴンとの相性も最高です。積み上げた荷物の上からぐるりとWRAPTIEを回して固定したところ、強力なホールド力によって抜群の安定感を生み出してくれました。これで段差や振動での荷物崩れを気にせず、アグレッシブにワゴンを引くことができます。

20180706-wraptie05
Photo: 増田準也

折りたたみ式のハンドキャリーには心もとないゴムバンドが付属している場合が多く、あまりの固定力の無さにイライラした記憶がある方も多いのではないでしょうか?WRAPTIEは伸縮性がありつつ、面で押さえながら複数のマジックテープで固定するという構造のため、このような使い方でもゴムバンドに比べて格段の安定感がありました。

まとめたり持ち手の代わりになる

20180706-wraptie06
Photo: 増田準也

意外と場所を取り、持ち運びも大変なアウトドア用品たち。車のラゲッジや自宅倉庫などに散乱していませんか? そんな時にはこのようにWRAPTIEでまとめておくというのも有効な使い方ですね。なによりまとめて持ち運びやすくなります。

20180706-wraptie07
Photo: 増田準也

ビールやドリンクなどの箱ものを複数運ぶ必要がある場合は重ねた後にWRAPTIEを2つクロスに使ってみましょう。取っ手代わりになって持ち運びやすくなります。

延長すれば大なわ飛びも?

20180706-wraptie08
Photo: 増田準也

WRAPTIEは同じ長さのものが2つセットになっており、長さが足りないときには先端部分を開いてマジックテープ部分を挟み込むようにして延長することが可能です。延長するとだいたい2倍の長さになるため、大抵のものを巻き付け固定することができます。写真の180cmのWRAPTIEの場合、約360cmの長さになるのでBBQの時に即席の大なわとびにして遊ぶなんてことも可能です。

20180706-wraptie09
Photo: 増田準也

延長したときの強度についても心配ありません。そもそも水平への引っ張りに強いマジックテープを複数枚で接着しているおかげか、大人2人で引っ張り合ってもびくともしませんでした。

今回、車に積みっぱなしのBBQグッズで試した感想としては、車や自宅にアウトドアグッズなどが溢れている方にはおすすめできるツールだと感じました。

この「WRAPTIE」は、現在machi-yaでクラウドファンディング中。130cm、180cm、240cmと用途に合わせた3バリエーションでの展開となっており、130cm(2本入り)が15%OFFの2,820円(送料別)から支援可能です。プロジェクトページ内では用途に合わせたお勧めの長さの説明もあるので是非参考にしてみてください。


>>「WRAPTIE(ラップタイ)」の支援はこちらから
Photo: 増田準也
Source: machi-ya

(山村豪尭)

    あわせて読みたい

    powered by