ドイツ製のバックパック「DAYFARER」は結局いつも持ち歩く相棒になりそう

  • 13,508

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author メディアジーンメディアコマース
ドイツ製のバックパック「DAYFARER」は結局いつも持ち歩く相棒になりそう
Photo: 吉田祥平

ライフハッカー[日本版]より転載:

出社して仕事をしてから、靴を履き替えてジムに行き、汗をかいたあとに新しい服に着替えて帰る。

言ってしまえば簡単そうですが、これを1つのバッグで実行しようと思うと意外とちょうど良いバッグがなかったりします。

DAYFARER (デイファーラー) 」は、通勤、ジム、スポーツ、登山まで、さまざまなシーンに対応するフレキシブルなバックパックです。複数のバックパックを使い分ける人も珍しくないですが、デイファーラーは「結局一番持ち歩くバックパック」になりそうな、万能タイプのバックパックです。今回は実物を触る機会があったので、使ってみた感じをまとめてみます。

ドイツ製なのが納得できるタフな形状

デイファーラーの最大の特徴はなんと言ってもそのしっかりとした作り。外側の生地にはバリスティックナイロンや、リップストップナイロンといった耐久性の強い素材を使用している点は評価ポイント。生地柔らかい素材のバッグだと、ノートPCを持ち運ぶビジネスパーソンにとってはぶつけたりするのが心配ですが、デイファーラーなら安心できそうです。無骨でレクタンギュラーな外観はデザイン性という意味では「オシャレ」ではないかもしれませんが、個人的にはドイツっぽくて無駄のない感じが良いなと思いました。

Video: YouTube

バックパックの背面には、パッドが付いたノートパソコン専用のコンパートメントがあり、バックパックにありがちな「背負っているうちに中の書類が曲がってしまう」ことも起こりにくい構造になっています。

20180718-dayf02
Photo: 吉田祥平

外側の素材には防水コーティングが施されています。ジッパーも防水チャックがついているので、多少の雨でも安心です。

20180718-dayf03
Photo: 吉田祥平

仕事終わりのジムにも1つのバックパックで行ける

ジムユーザーにありがたいのが、底面にある別コンパートメント。靴も入れば、汚れた服を入れるのにも適したぱっと見には気づかれない収納スペースです。

20180718-dayf04
Image: machi-ya

上のメインコンパートメントからは独立しているため、メインコンパートメントの仕事用の書類や道具がジムの匂いにさらされることも、荷物が混ざることもありません。1つのビジネスバッグにジム用具がセパレートで収納できるのは何かと活躍しそうな機能ですね。

サイドには、大きく広げるためのジッパーが付いたボトルホルダーが付いており、ジッパーを開ければプロテインのシェイカーサイズのボトルも入ります。

20180718-dayf05
Image: machi-ya

シンプルさが可能性を広げる

仕事用やジム用と紹介をしましたが、ジッパーで全面をオープンにすることができるため、小さいスーツケースのように、柔軟な使い方ができます。旅行用のカバンとしても十分な16リッターの容量も魅力です。

20180718-dayf06
Image: machi-ya

少し不便な部分があるとすれば、少しサイズが大きめという点でしょうか。ただ、ビジネスバッグとしては常識的な大きさに収まっているので、ジム用でもあると考えれば良いサイズかもしれません。

シンプルさと柔軟性を兼ね備えたドイツ製のバックパック。持ち歩くカバンを1つにできるスマートさが魅力的なプロダクトだと思いました。

「DAYFARER (デイファーラー) 」はクラウドファンディングサイト「machi-ya」にてキャンペーン中です。プロジェクト支援や商品の詳細は下記のリンクからどうぞ。

>>「DAYFARER 」の支援はこちらから

20180718-dayf07
Image: machi-ya



Image: machi-ya
Source: machi-ya

(吉田祥平)

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ