新MacBook Pro、OSのアップデートでパフォーマンスが復活!

  • 27,616

  • author 塚本直樹
新MacBook Pro、OSのアップデートでパフォーマンスが復活!
Image: Apple

これこれ、これを待っていた!

MacBook Pro(2018年)」の15インチ+Core i9モデルにて発生していた、発熱によるパフォーマンスの低下問題。Apple(アップル)はこの問題を謝罪し修正アップデートを本日リリースしましたが、これにより本来のパフォーマンスが復活したことが報告されていますよ!

20180725nmacbookpropatch
Image: Dave Lee/YouTube

上のグラフはYouTubeチャンネルのDave Leeさんが動画編集ソフト「Premiere Pro」がレンダリングにかかった時間を計測し、公開したものです。Dave Leeさんといえば、そもそもこの性能低下問題に気づき、いち早く報告していた方です。

まず上から2番目のアップデート前の15インチMacBook Pro 2018年 Core i9搭載モデルは、なんと2017年モデルよりも動画エンコードに時間がかかっていたことがわかります。高いお金を出してこれでは、きっとガッカリしたことでしょう。

しかしグラフの一番下、アップデート後のマシンではその動画エンコードが大幅にスピードアップ。アップデート前はもちろん、2017年モデルをもぶっちぎるパフォーマンスを発揮しているのです。また、冷蔵庫に入れたアップデート前のマシンとエンコード時間がほとんど一緒なのも興味深いですね。

Appleは今回の性能低下について、「ファームウェアのとあるデジタルキーが欠けていた」と説明しています。このデジタルキーが何なのかは不明(CPUに供給する電源を制御するボルテージ・レギュレータ・モジュール(VRM)関連かも?)ですが、これで2018年モデルを安心して購入できるようになりましたね!

ちょっと涼しくなった気分。


Image: Apple, YouTube
Source: YouTube

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ