α7 IIIレビュー:文句なしのフルサイズミラーレス決定打。α7R IIIと比べても、そう言い切れる

  • 32,289

  • author 照沼健太
α7 IIIレビュー:文句なしのフルサイズミラーレス決定打。α7R IIIと比べても、そう言い切れる
Photo: 照沼健太

カメラ市場の戦局を変えるであろう、決定的な機種。

ここ数年のカメラ新機種の中でも特に大きな話題を呼んだ、ソニー「α7 III」。

ギズモードではこれまで発表会でのハンズオン、そしてCP+での体験レポートもお届けしましたが、今回は編集部で購入した実機をしばらく使ってのレポートをお届けします。

結論から言えば、基本的に死角なし。ミラーレス、もしくは一眼レフ含めフルサイズデジタルカメラの購入を検討しており、予算に問題がなければ間違いなくオススメの機種です。

なぜなら、上位機種「α9」「α7R III」の良いとこどり

DSC01239
Photo: 照沼健太

この「α7 III」、私物として使っている「α7R III」と比べて実売価格にして10万円ほど安い機種ですが、何ひとつ違和感なく使えています。

むしろ「10万円の差はどこに?」というくらいです。

今回の「α7 III」から無印シリーズとしては初めての裏面照射型「Exmor R CMOSセンサー」を採用。これは「α7R II」「α7R III」に続くかたちとなり、バッテリーの大容量化、4K動画対応と合わせ、旧モデル「α7II」から大きく進化したポイントと言って間違いないでしょう。

DSC01384
Photo: 照沼健太

ただし「α7R III」が有効4240万画素であるのに対し、この「α7 III」は有効2420万画素。この違いは写真の解像感やクロップ耐性に違いをもたらしており、4240万画素という高画素は「α7R III」の魔術的とも言える魅力や余裕の源となっています。この辺りが後述する「α7 III」の物足りなさにつながっているのだと思いますが、その一方で画素数の少なさと裏面照射型のコンビネーションは「α7 III」に使い勝手の面で大きなメリットをもたらしています。

DSC01320
Photo: 照沼健太

それは高感度性能の向上。

「α7R III」が常用ISO感度100-32000、拡張ISO50-102400であるのに対し、この「α7 III」は常用ISO感度100-51200、拡張ISO50-204800。

そして「α7R III」に対し大きなアドバンテージとなっているのがAF性能。

「α7R III」の位相差検出方式AF 399点に対し「α7 III」は693点。これはプロカメラマンによるスポーツ撮影をターゲットとしている最上位機種「α9」と同等の性能。

つまり上位機種2モデルの良いとこどりで、むしろ両者を凌駕している部分すらあるのです。そして実売価格は23万円程度。これはもはや反則なのでは?というレベル。

DSC01347
Photo: 照沼健太

しかし、前述したように、私物として「α7R III」を使っている身としては、いまいちテンションが上がらないカメラであるのも事実。ほぼ使用感に違いはない、とはじめに書きましたが、やっぱり何かが違うのです。

では、どこが違うのでしょうか?

質感が異なるが、そのちがいは微妙なものにすぎない

DSC01459
Photo: 照沼健太

AF、連写、高感度、バッテリー、ダブルSDカードスロット、そして画質など、基本性能には死角のない「α7 III」ですが、(画素数の違いは当然なのでそれは別として)どこが「α7R III」と違うのか。それは「よりフィジカルな部分」に表れているかもしれません。

DSC01497
Photo: 照沼健太

1.シャッター

シャッター音の系統としては近い部類ですが「α7 III」に対して「α7R III」はより柔らかい印象。「α7 III」が「カシャッ」なら「α7R III」は「カシャ」。

音量自体も「α7 III」が大きめで、メカニカルな印象を強く受けます。このあたりは好み次第でしょうが、振動も大きめなのが「α7 III」に引っかかるポイントかも。

DSC01510
Photo: 照沼健太

2.ボディー

ボディー全面がマグネシウム合金である「α7R III」に対し、「α7 III」は前面のみマグネシウム合金で背面は強化プラスチックとなっています。うまく表面加工されているため、見た目ではわかりにくいのですが、持ってみるとなんとなく違いが感じられるはずです。

「なんとなく」ですが、ここが重要。こうした堅牢感や剛性感の差が、「『α7R III』の方がしっくり来る」という全体的な印象に大きく影響してきている気がします。

DSC01520
Photo: 照沼健太

3.ファインダー

ファインダーも使用感に影響を与えてくる部分です。

・EVF:「α7R III」が約369万ドットで、「α7 III」は約236万ドット
・背面液晶:「α7R III」が約144万ドット、「α7 III」は約92万ドット

「α7 III」はうまく調整されているのか、正直なところ数値ほどの差は感じられません。しかし シャッターやボディー同様、使い手とカメラとの接点である部分だけに、使い続けているうちに「α7R IIIの方が良いな〜」と、地味に差が効いてきます。

DSC01531
Photo: 照沼健太

以上、3点ほど「α7R III」と比較して「α7 III」に覚える違和感の原因をご紹介しました。

それぞれこうして書き連ねると大きなことのようではありますが、実際に触り比べなければ気になることはないと思います。

むしろ「α7 III」はしっかりとコストダウンを図りながら、吐き出す写真の質に一切妥協をしていないという点に、思い切った美しさすら感じさせる部分もあります。 どちらにせよ、比較して迷っているのならともかく、そうでないのなら「不必要に高額機種は触らない」。これ鉄則です。つい触っちゃうんですけどね。

やっぱりすごいよ「α7 III」

DSC01536
Photo: 照沼健太

繰り返しとなりますが、この値段でこの完成度のフルサイズミラーレスを作り上げたという点で、やはり「α7 III」はゲームチェンジャーとなり得る傑作カメラと言えるでしょう。

DSC01499
Photo: 照沼健太

予算ちょうど、もしくは「もう少し頑張れば…」程度なら、迷わずおすすめです。 行っちゃいましょう。



Photo: 照沼健太

(照沼健太)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ