Amazonアプリの新機能によって、ネットで正しいネジが買えるように

  • 22,021

  • author 武者良太
Amazonアプリの新機能によって、ネットで正しいネジが買えるように
Image: Wasu Watcharadachaphong/Shutterstock.com

日本版アプリはまだでした。アップデートを心よりお待ちしております。

スマホのAmazonアプリの検索欄にはカメラアイコンがあります。これをタップしてアウトカメラで購入したい製品を捉えると、Amazonで売っているそのものズバリな製品と、似通った製品のリストが表示されます。文字を入力せずとも目的のアイテムを探せる、いい機能ですよね。

従来は本、おもちゃ、ゲーム、ガジェット、キッチン雑貨やアパレルなどが対象の画像をベースとしたこの画像認識による検索機能。この度、アメリカのAmazonアプリは「Part Finder」という新機能によって、より細かな製品まで探せるようになりました。それも、ネジやナットのような小さな小さなアイテムまで。ほんと? インチネジとミリネジの判別もできちゃうの?

180720_amazon_part_finder
Image: The Verge

この機能のポイントは、ねじのそばに1セント硬貨を置いて撮影する仕組み。コインを基準に長さやピッチの大きさを割り出しているんですね。TechCrunchThe Vergeが試したところ、無地のノートなど、真っ白な背景に探したい製品を置いてからスマホのカメラを向けるとよいとのこと。

またファインダーに収める角度にも決まりがあるようです。うまく認識すると、ネジ山の形状や対応ドライバーの形状などをリストのなかから選び、目的のネジが買えるようになります。

光の当て方、影の消し方にも注意したほうがよさそう。でも、椅子や棚から抜け落ちてどこかに旅立ってしまったネジやナットを、他の場所のネジをもとに検索してジャストサイズで教えてくれるというなら無問題でしょう。

日本にはDIY系のECサイトとしてモノタロウがありますが、あちらはあくまで調達する製品の型番を熟知している事業者向け。サイズやネジピッチのサイズの測り方がわからない品を探すなら、Amazonを使うべきという時代になるのかもしれませんね。


Image: Wasu Watcharadachaphong/Shutterstock.com
Source: TechCrunch, The Verge

(武者良太)

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ