Appleが、App Storeで新サービス「Search Ads」開始。開発者はもっと多くの人にアプリを届けられるように!

  • 6,981

  • author 山本勇磨
Appleが、App Storeで新サービス「Search Ads」開始。開発者はもっと多くの人にアプリを届けられるように!
Image: Apple

デベロッパーも、ユーザーもちゅうもーく!

Appleは本日より、開発者向けの新サービス「Search Ads」を開始します。2016年より米国でサービスが始まったSearch Adsですが、このたび日本とその他各国で展開されることになりました。

Search Adsを利用することによって、開発者は自分のアプリを、ユーザーの目につくところへ表示できるようになります。だから、アプリを使うユーザーにとっても、関係のあるサービスなのです。

ユーザーにとって何が変わるの?

180725_apple_search_ad_1
Image: Apple

Search Adsのサービス始まることによって、ユーザーはApp Store内でアプリの広告を見ることになります。いえ、急に動画が再生されるわけではないですよ。

たとえば画像のように、App Storeで「写真のフィルタ」と検索すると、それに関連して、Search Adsを利用したアプリがいちばん上に表示されるように。ここでは写真加工アプリの広告が表示されています。見分け方として、青いハイライトがついているものは、Search Adsによって優先的に表示されたものです。

開発者はどうしたら広告を表示できるの?

アプリを優先的に表示させたい場合、Search Adsのプランに加入して一定の料金を支払います。

180725_apple_search_ad_3
Image: Apple

プランは、低予算で運用する「Search Ads Basic」と、予算の上限がなしの「Search Ads Advanced」の2種類。ただし現在、日本ではSearch Ads Advancedのみが利用できます(Basicは8月23日より)。たとえばAdvancedでは、特定のキーワードが検索されたときに広告を表示する、iPadユーザーにのみ表示するなど、条件を細かく設定できるがポイントです。

加入はSearch Adsの公式ページから。また、料金の仕様などは、両プランのヘルプページに詳細に書かれているので、こちらもどうぞ(Basic, Advanced)。

米国で集計されたSearch Adsのデータによると、App Storeの検索結果からそのままダウンロードされる割合は65%とのことで、その威力もそこそこある様子です。

日本では「Today」タブに続く新機能

最近のApp Storeの動向でいえば、2017年リリースのiOS 11で「Today」のタブが追加されました。ここではAppleがピックアップするおすすめアプリを紹介し、掲載されるとそのアプリのダウンロード数が急増するという話もあります。

最近はApp Storeのテコ入れによって開発者に還元の姿勢を見せるApple。Appleがピックする「Today」だけでなく、開発者から露出を増やすSearch Adsによって、App Storeはさらに活動しやすいプラットフォームになろうとしています。


Image: Apple
Source: Apple, Mac Rumors

(山本勇磨)

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ