イーロン・マスクは果たして信用して良い人物なのか

  • 17,719

  • author 塚本 紺
イーロン・マスクは果たして信用して良い人物なのか
Image: Joshua Lott/Getty Images

アイアンマンか、ペテン師か…?

タイ北部の洞窟に閉じ込められた地元サッカーチームの少年たちのニュースが世界中で注目を集めている間に、さらに話題を集めていたのがイーロン・マスクの「ミニ潜水艦で彼らを救助する」という提案です。結果として潜水艦は使われず、ダイバーたちによって少年たちとコーチは全員が救助されたわけですが、イーロン・マスクは救助が完了する直前に潜水艦とともに現場に登場し、Twitter上では称賛を集めました。

この一連の行動について、米GizmodoのAdam Clark Estes記者は辛辣な評論をしています。


タイ北部チエンラーイ郊外の洞窟に閉じ込められた地元サッカーチームの少年たちは、全員が無事に救出されました。ところが最後の4人とコーチが救出される数時間前に、予想外のところからニュースを騒がせたのがイーロン・マスクです。SpaceX(スペースX)の人材・素材・部品を使い、洞窟から少年たちを救助するためのミニ潜水艦を作り、マスク自身もタイに直接到着し、潜水艦を届けたのです。

マスクにはカルト的なファンがいる

もちろん、これは彼の2200万人のフォロワーへとツイートされ、多くのファンたちから称賛を浴びました。一方で救助隊のリーダーはこの子どもサイズの潜水艦は今回の救助において「実用的ではない」と述べています。それでもマスクの行動力を何十、何百万人という人たちが称賛しているわけですが、果たして彼はどう役に立ったのでしょうか。スペースXの部品を使って小型潜水艦を作って子どもたちを救助する、というこのプランを彼自身も上手く行くと思っていたのでしょうか。

私に言わせと、その答えはノーです。マスクはこれまでも世界が抱えている大問題を解決する!と壮大な夢を語った後に、設定した期日を越えてしまったり、目的を達成しない、ということを繰り返してきています。そうした壮大な課題へのチャレンジを繰り返す過程で、カルト的にファンを集め、ファンは彼をコミックブックのスーパーヒーローにたとえ始めました。マスク自身すら達成できると思っていないプロジェクト目標も、こういったカルト・ファンたちは実現すると信じてしまいます。これは問題です。

救助活動はすでに始まっていた

タイ洞窟の救助について見てみましょう。サッカーチームの少年たちが行方不明扱いになったのが6月23日、そして洞窟内で生存していると発見されたのが7月2日です。この時点ですでに、タイ政府はタイ海軍のSEALs、イギリスからの洞窟内ダイバーたち、そしてアメリカ空軍の捜索スペシャリストたちに加えて、他の国からの救助部隊も参加する大規模な救助活動を行なっています。

一週間も経たないうちに救助チームは洞窟内のマッピングを完了し、救助プランを構築、ポンプを使って水位を減らし、食料と医療品、そして少年たちに医療サポートを届けるところまで達成しています。そのさなか、タイ海軍SEALsのダイバーの一人が不幸にも命を落としています。

マスク × ツイッター = アイアンマン

日曜日には4人の少年が救助され、月曜日にはさらに4人が洞窟から救助されました。そして最後の5人は火曜日に救助されました。マスクが到着したのはこの直前です。 ひとつ明確にしておきたいのは、少なくとも我々が知っている範囲では、タイ政府も救助チームも、誰もマスクにミニ潜水艦を依頼していないこと。Tesla(テスラ)とスペースXのCEOである億万長者のイーロン・マスク自身が、一般ユーザーのツイートに回答する形でアイデアを思いついたのです。始まりを見てみると、特に問題のない、謙虚かつ立派な態度で対応しています。

タイ政府は既に状況を把握しコントロールしていると思うけれど、何か支援できる方法があるなら喜んでしたいと思う。

しかしTwitterユーザーMabzMagzはそれから「(もちろん無理なことをしろとは言ってないですよ)あなたはアイアンマンではないですからね」というニュアンスでマスクのことをマーベル・コミックのスーパーヒーロー、アイアンマンと比べました。膨大な資金力とテクノロジーでスーパーヒーローとして活躍するアイアンマンとマスクを比べることは、よく行なわれています

構わず脱出ポッドを持ってタイへ

それがマスクのスイッチを入れたようで、彼は自身の会社トンネル掘削会社Boring Company(ボーリング・カンパニー)は「穴を掘るのは結構得意」だとツイート。そして何らかの「脱出ポッド」のようなもので少年たち全員を救出するかもしれない、と語り始めます。

それから、一旦テスラの製造ラインに関する「偽ニュース」を暴く記事をリツイートし、「ファルコン・ロケットの液体酸素輸送チューブを船体のように使う」ことを発言した後、次の日には驚くべきことにカリフォルニアの高校のプールの中で行なわれた実験の動画をツイートします。

次の日、少年たちが救助チームからまさに救出されている時に、マスクはさらに追加の実験ビデオをツイートし、小型潜水艦がタイに17時間後には到着すると発表しました。ただその時点では既に、この潜水艦が到着して稼働できる頃にはすべての少年とコーチは救助された後になるだろうことは明白でした。それでもマスクは潜水艦とともにタイへと到着し、ソーシャルメディア上でそのアクションについて自慢したというわけです。

マスクはとにかくバイラルが得意

彼は一体何がしたかったのでしょうか。この一連の彼の行動は非常に理解し辛いものです。私だけではありません、インターネットには同様の意見を持った人が大勢存在しています。彼にはすでに苦戦中のテスラに加えて、プロジェクト山積みのスペースXがあるにも関わらず、Twitterで一般ユーザーに頼まれたから緊急で救助プロジェクトに参加するという判断をなぜ下したのか。

イーロン・マスクは大富豪で大きな力を持った人物です。彼はしたいと思ったら何でもできてしまいます。だから救援にかかる負担を軽減するために寄付したり、救援ダイバーたちにテスラ車を無料で与えるということもできたわけで…急ごしらえのミニ潜水艦を、役に立たないかもと分かっていながら送るというのは何とも非合理的です。このシュールさはメディアにもしっかりと見えていたようです。こちらのツイートはジャーナリストKen Klippenstein氏によるもの。

私は普段イーロン・マスクに対して批判的だけれど、彼は明らかに得意なことが一つある。それは人道的な約束をしてバイラルを起こし、結果実現しない、ということだ。

痛烈ですね。

みんな追ってしまうマスク・ショー

ここでKlippenstein氏が言う「人道的な約束」が正確に何を指しているのかは明確ではありません。プエルトリコに電気を取り戻すという彼の約束のことかもしれません。あれもマスクが現場に颯爽と降り立って、ガジェットを使って全て解決する、というシナリオ通りには行きませんでした。

しかし自分のアイデアでバイラル現象を起こす、のが得意、という点は事実です。マスクは新しい時代のショーマンと言えるでしょう。非現実的でありながらも、ニュースのヘッドラインを飾るような目標を次から次へと繰り出しています。

1年前に、マスクは専門家が集まった部屋で、スペースXは2020年代に火星上に自給自足できる都市を作ると宣言してましたよね。私たちの寿命が来る前に、火星へとすべての人口を送り込むための惑星間輸送システムのプロモ動画も作ってすらいます。覚えてますでしょうか。アメリカの大都市をハイパーループで結ぶプロジェクトに、ボーリング・カンパニーがロサンゼルス中に地下高速道路を敷設するとも言っていました。

メディアはこういったテクノロジーが提案する夢溢れる未来像が大好きですので、毎回取り上げています。もちろん米Gizmodoも例外ではありません。スペースX、再利用可能なロケット、ドローン艀などを追いかけてきました。多少の疑いの目を向けながらも、ハイパーループのアイデアを彼が発表した時は私たちも大興奮しています。火星に行く、という彼の言葉を真剣に受け取ったものです。

マスクはペテン師?

しかしある時点から、マスクのショーマン性は愛嬌を失くし、癪に障る嘘のように感じられるようになりました。今年初めにはジャーナリストたちを批判するようになり、ランダムな一般人がジャーナリストをランク付けできるウェブサイトを始めたいと述べたのも私にとってはイライラポイントのひとつです。でも大丈夫です、このジャーナリスト採点ウェブサイトもまだ実現してませんから。

今回の救助プロジェクトがこれまでの口だけプロジェクトと違っている点といえば、実際に潜水艦を作ったところでしょう。しかし実際に役に立ったか、実現したのか、という点では何も違いません。現場に到着するのも遅すぎただけでなく、持ってきたツールも役に立たなかったわけです。時間が経つにつれてマスクの潜水艦は少年を洞窟から救助なんてしないことがどんどんと明らかになりました。後ほどマスクはこの潜水艦が「宇宙での脱出ポッドとしても使える」とツイートしました。未だ発生していない非常事態のために使えると分かってもね、です。

こういった一連のプロジェクトで話題を呼ぶ行為で、一番私の気に障るのはすべてがまるでペテンのように感じられるからです。そうすると、今や彼が何かを売ろうとしているとしても、本当に具体的な商品を売ろうとしているのか、疑わないといけません。そして時が経つにつれて彼のセールス・トークはどんどんと複雑になるわけです。

今回売っていたのは「自分」

火星計画はスペースXにとっては非常に素晴らしいパブリシティを生み出しました。ハイパーループもある意味テスラ社の奇妙な広告のように機能しています。プロモーション用の火炎放射器と組み合わさったボーリング・カンパニーもテスラ広告の別バージョンのようです。しかしこの子どもサイズの潜水艦に関してはマスクが何を”ステマ”しているのか、すぐには理解できないんです。

もしかしたら、自分のエゴを広告しているのかもしれません。一連のアクションの中で、子どもサイズの潜水艦はポイントではなく、自分の行動力・発想力をアピールするためのスタントだったと考えると理解できます。自分はテクノロジー、財力、(そして大言壮語)を持って物事を動かす男なのだ、という広告です。それこそまさに、アイアンマンであるトニー・スタークのように。

マスクの弁解

と、ここまで記事を書いてマスクの新しいツイートがまた飛び込んできました。このツイートでは彼が作った潜水艦カプセルは有効だっただろう、と主張しています。

画像で見られるのは現場に最初に駆けつけた英国ダイバーの一人であるDick Stanton氏とイーロン・マスクのやり取りです。このやり取りの中では潜水艦の詳細は交わされておらず、Dick Stanton氏による「開発を継続してくれ」「可能な限り急いで潜水艦の開発を進める価値は絶対にある」という発言だけが確認できます。

これは救助隊のリーダーが「マスクの潜水艦は実用的ではない」と発言している、というBBCの報道に対して、マスクがツイートしたものです。この報道では元県知事であるNarongsak Osatanakornは救助隊のリーダー(Chief)であると書かれているのですが、それに対しても「彼がリーダーであるというのは不正確」とマスクは述べています。

しかし救助が行われている間、プレスではOsatanakornは救助部隊のリーダーであると記述されていました。なぜ彼の役職に疑問を投げかけるのかは不明ですが、それは彼の「潜水艦は実用的ではない」という発言に対する反論なのでしょうか。彼の言動はますます理解が難しいものになっています。


編集部追記:その後、救助活動に参加していたダイバーの一人がイーロン・マスクの行動を「PRスタントだ。うまくいく可能性はなかった」と批判し、「潜水艦は痛い穴にでも突っ込んでおけ」とコメントしました。それに対してイーロン・マスクはダイバーを「小児愛者」呼ばわりし、潜水艦を洞窟の奥まで持って行って証明するとツイート。そしてダイバーは訴訟を起こすかもしれないとコメントするという……収集の付かない事態に発展しています。


Image: Getty Images
Source: Gizmodo US(1, 2

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ