何このスーパーヒーロー感!? ディズニーのスタント・ロボットが超アクロバティック
Image: TechCrunch/YouTube

何このスーパーヒーロー感!? ディズニーのスタント・ロボットが超アクロバティック

  • 17,452

後方4回転も伸身ムーンサルトも余裕です。

ちょっと前に、ディズニーリサーチが空中ブランコから美しいバク宙をするスタント・ロボット「スティックマン」を開発中とお伝えしました。

あれがつい1カ月前のことだというのに、今度はディズニーのイマジニアリング研究開発部が、成人男性のようにたくましい四肢を持つ、人間にとても近いスタントボットを公開。体操選手のような華麗な回転もこなしますが、無回転で飛ぶときは、アイアンマンよろしくアメコミ・ヒーローのようなポージングで飛ぶのです。

Video: TechCrunch/YouTube

使われるシーンはテーマパークのショー

これはテーマパーク内で使うことを想定したアニマトロニクスで、生身の人間の代わりにスタント・ダブルとして活躍させるようです。なので、何年にも渡って一日に何十回も同じスタントをこなせる耐久性も求められているとのこと。

部長のトニー・ドヒ氏がTechCrunchに話したコメントはこうあります。

『スター・ウォーズ』やマーベル、またはピクサーやディズニーのアニメなどのキャラクターを見たときに、彼らは銀幕でとても派手なスタントアクションをしています

未来のアニマトロニクスは観客を魅了するべく、そういったスタントを敏捷にこなすようになります。演目の最中に素晴らしいアクションを見せ、ショーをさらに高いレベルに持っていくのです。

こうしたスタントボットを作るのは、新部門の「スタントロニクス」。ここのヒューマノイドたちは、空中ブランコで空へ飛び立ち、イカしたポーズやアクロバティックな動きで毎回決められた地点に落下できるのです。その心臓部は、搭載された加速度計とジャイロスコープとレーザーを用いた光波測距儀。

ディズニーリゾートにある映画『アバター』のテーマランドでは、オーディオ・アニマトロニクスが艶めかしい動きをしますし、もしこの技術がスタントボットと合体したら、園でのパフォーマンスもCGに頼らない映画撮影も、何でもこなせてしまいそうですよね。

「スティックマン」からの超速進化を見るに、そんな未来は来月あたりにでも実現してしまうかもしれません。


Image: YouTube
Source: YouTube via TechCrunch

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
岡本玄介

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ