一億総アバター時代が見えてきた。ドワンゴのVR事業展開発表会まとめ

  • author ヤマダユウス型
一億総アバター時代が見えてきた。ドワンゴのVR事業展開発表会まとめ
Image: ニコニコ生放送

一大VRプラットフォームの可能性が出てきましたね。

2018年7月27日(金)、株式会社ドワンゴのVR事業展開に関する記者発表会実施されました。ドワンゴと株式会社インフィニットループが運営するVRライブコミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」に関する発表をメインに、諸々のVR事業展開に関する話もしていく内容でした。

180727dwangovr_02
Image: ニコニコ生放送

発表会は六本木ニコファーレにて行われましたが、リアルの会場とバーチャル空間とを行き来するスタイルでした。なんとも未来を感じさせますね。そのうち完全なバーチャル記者発表とかが実現したら、僕たちもHMD越しに取材したりするのかな……。

180727dwangovr_03
Image: ニコニコ生放送

発表のメインとなる「バーチャルキャスト」とは、このようにバーチャル空間でライブ配信ができるプラットフォーム。誰かが配信している場所に、他のユーザーが参加する(凸する)こともできて、複数人でキャッキャできたりもします。今回の発表会でも活用されています。

バーチャル空間に3Dアイテムをギフティング。「Vギフト」

180727dwangovr_04
Image: ニコニコ生放送

発表された新機能は「Vギフト」。視聴者がバーチャル空間内にギフトを送り、配信側はそのVギフトを使って遊ぶことができます。ギフトが送られると、クリエイター奨励プログラムのスコアにも加算されるようです。通常のニコ生などにも今後実装予定とのこと。

180727dwangovr_05
Image: ニコニコ生放送


180727dwangovr_06
Image: ニコニコ生放送

いわば、ライブストリーミングサービス「SHOWROOM」のようなギフティングですね。VR空間に落ちてきたギフトは、同じ空間内の人たちと共有できるってのが面白い。花束やくす玉、ビッチビチに活きの良い鮭、清楚な洗濯機やらを降らせることができます。鮭の雨を降らせたい。

180727dwangovr_07
Image: ニコニコ生放送

「Vギフト」は2018年8月1日(水)から、実験放送にて提供開始です。

スマホで簡単にアバター作成。「カスタムキャスト」

180727dwangovr_08
Image: ニコニコ生放送

そして、バーチャルキャストのユーザーから要望が多かったのが、スマホからの利用。これをナントカすべく、株式会社S-Courtと協力した3Dアバター制作アプリ「カスタムキャスト」も発表されました。これは、誰でも簡単に3Dアバターが作れて、かつライブ配信もできるというものです。名前に聞き覚えがある? 大丈夫、健全なアプリだよ。

180727dwangovr_09
Image: ニコニコ生放送

け、健全なアプリだよ!

180727dwangovr_10
Image: ニコニコ生放送

デモでは撮影しているユーザーの顔を認識し、顔の角度や上目遣い、まばたきなどが動作する様子を実演していました。iPhone XならAR撮影にも対応してるので、屋外配信や旅動画なんかが捗ることでしょう。顔出しNGが放送がいよいよ手軽になってきますねぇ。

180727dwangovr_11
Image: ニコニコ生放送

アバターエディット機能も充実で、ジト目があるのは良き。目の幅や高さといった細かい部分調整もできるので、ジト目をさらにジトらすなんていう芸当も。ランダムエディット機能もあります。

180727dwangovr_12
Image: ニコニコ生放送

VRM入力や、立体投稿共有サービス「ニコニ立体」にも対応予定。VRMとは、一つのアバターでさまざまなプラットフォームで活用ができる3Dファイルフォーマットのことで、VRM形式であれば入力も出力も簡単かつプラットフォーム非依存なのが特徴です。VRMの詳しい説明はコチラから。

180727dwangovr_13
Image: ニコニコ生放送

「カスタムキャスト」のリリース日は、Android版が2018年8月下旬、iOS版は未定。iOS版は実験放送の新アプリのリリースのタイミングに合わせてとのこと。

お手軽3Dアバターメーカー「Vカツ」がバーチャルキャストに対応

180727dwangovr_14
Image: ニコニコ生放送

続けて、『VRカノジョ サマーバケーション』などを開発しているVR専用コンテンツメーカー IVRもニコニコに参戦! 手軽に3Dアバターが作れる「Vカツ」が、バーチャルキャストに対応します。「Vカツ」のソフトウェア自体はSteamで無料配信を予定していて、8月1日(水)から早期アクセス開始です。

Video: IVR

この「Vカツ」もまた、VRM出力に対応(出力には別途有料プラグインが必要)。バーチャルキャスト上で「Vカツ」製アバターによるバーチャルライブ配信ができるようになりました。

180727dwangovr_15
Image: ニコニコ生放送

デモではメガネジャージ巨乳悪魔角っ子という属性モリモリなキャラクターを作って。

180727dwangovr_16
Image: ニコニコ生放送

その場ですぐに「バーチャルキャスト」で配信していました。配信しながらの衣装切り替えもできるみたいで、メイド服やら水着やらをパパっと切り替えたりしてましたよ。自分でできたら絶対楽しいバーチャル早着替えですよ。

180727dwangovr_17
Image: ニコニコ生放送

バーチャルキャストへの対応は8月末頃。「Vカツ」作のアバターは商用利用もOKだそうです。そして、待望のスマホ版も8月中にリリースを予定しているとのこと! これは寝る前にいじり始めたら朝日を拝む自信がある……。

株式会社バーチャルキャスト設立へ

180727dwangovr_18
Image: ニコニコ生放送

最後の発表内容は、株式会社インフィニットループとドワンゴの合弁会社「株式会社バーチャルキャスト」の設立について。その理念は、ちょっと間違った未来をつくっていくとのこと。仮想世界のカオス文明を促進させてくれるとのことなら、我々は一向に構わんッ。

180727dwangovr_19
Image: ニコニコ生放送

特に「VRがもたらす仮想世界は、人類が手に入れた新大陸」というフレーズにはググっときてしまいました。今のVR界隈のわちゃわちゃ感って、文明の進化方向が決まってない面白さなのかもしれないなぁ、と。現実由来のなにがしが持ち込まれてしまったネット作法なんてのは、ある意味で反面教師ですし。カオスの先駆者をニコニコが担うのは、らしいなと思います。

こうしたVR事業は、二桁億くらいかけてドワンゴのメイン事業にするとのこと。バーチャルでのコミュニティが充実していけば、「バーチャルキャスト」が日本版VRChatみたいになるかもしれませんね。あとはボイチェンあたりの技術が盛り上がってくれれば、もう性とか年齢とかがどうでもよくなったKawaiiと狂気の支配するドリームランドが。いあ、いあ、ばーちゃる。

以上、ドワンゴのVR事業展開発表でした。本日7月27日(金)の20時からは「Vギフト」の実験放送もあるみたいですし、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょう。


Image: ニコニコ生放送
Source: ニコニコ動画, YouTube, Steam, dwango on GitHub

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by