EUの罰金処置に対し、Google「そんなこと言うなら、有料化しないといけなくなるよ」

  • 119,931

  • author そうこ
EUの罰金処置に対し、Google「そんなこと言うなら、有料化しないといけなくなるよ」
Image: Asif Islam/Shutterstock.com

反トラスト法って難しいなって思います。

Google(グーグル)が市場独占してる! Android端末にGoogleアプリプリインストールさせるのは他社に不公平!と叫ぶEU。Googleへの罰金43億4000万ユーロ、日本円にして約5700億円の過去最大制裁の方針をEUが打ち出したことで、Androidのあり方そのものが揺らごうとしています。

EUへ反論ブログをポストしたGoogleのサンダー・ピチャイCEO。Android端末に、Googleアプリがプリインストールされなくなった場合、「Androidのエコシステムのバランスが脅かされる」といいます。「Androidのビジネスモデルは、我々の技術に端末製造メーカーが金銭を払わなくてもいいようにできている」としたうえで、EUの方針によっては、このAndroidのビジネスモデルが崩れかねないと危惧しています。というか、暗に脅しています。

Android無料提供できなくなるよ?」「端末メーカーは、ライセンス料払うことになっちゃうよ?」と言いたいわけですね。

GoogleアプリとAndroid端末のバンドル化によって、ウェブブラウザや検索において、ユーザーがデフォルトでGoogleを使えています。しかし、プリインストールがなければ、意図的にしろ無意識にしろ非Googleサービスを使うユーザーもでてきますよね。

EUはこれでGoogleの検索市場独占を解放したいわけですが、Google側はこの穴を何かで埋めねばなりません。この何かが、Androidの有償化だとしたら、端末メーカーにとって、ひいては消費者にとってはどんなもんなんでしょうかねぇ。プリインストールされてなくても、結局は使い慣れたGoogleアプリを使う人が多くても、それはいいんですかね?

消費者の気持ちと、企業の利益と、市場のバランスと、政治。このぜーんぶが「いいね!」なんてこと、ないんでしょうけどさ。


Image: Asif Islam/Shutterstock.com
Source: The Verge, Google

(そうこ)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ