めざせマイクロチップの魔術師。『ハリー・ポッター』コラボしたプログラミング学習キット登場

  • 8,510

  • author 岡本玄介
めざせマイクロチップの魔術師。『ハリー・ポッター』コラボしたプログラミング学習キット登場
Image: Kano Computing/YouTube

アバダ・ケタブラ!

『ハリー・ポッター』のファンならもちろんのこと、誰もが魔法を使ってみたいと思ったことは一度や二度ではないはず。そしてその内の何割かは、プログラミングに挑戦したいと思ったこともあるかと思います。

そんなふたつの願いを同時に叶え、コーディングで魔法を生み出し杖で操るガジェットが登場しました。それが「ハリー・ポッター・Kano・コーディング・キット」

Video: Kano Computing/YouTube

「KANO」は“柔道の父”と呼ばれた嘉納治五郎にあやかって名付けられたメーカー。これまであった、子供向けのコーディング学習ガジェット「コンピューター・キット」は、本物のコンピューターさながらに自分でPCを組み立て、タイピングやブロックによるコーディングを遊びながら学習していくキットでした。

それが『ハリー・ポッター』とコラボレーションし、「コンピューター・キット」よりもっと単純で夢のある学習キットになったのです。

このキットでは、自分が遊んだゲームやアートや音楽を、Kanoのコミュニティーでシェアすることができ、誰かの魔法を自分で使えるようにもなります。

そして使い込むほどにメダルやポイントを稼いでパワーアップができ、『ハリー・ポッター』テーマのアバター用衣装や、アクセサリーやクリーチャーをアンロックできるようになるのです。さらには、ホグワーツなどの場所や、映画に登場したモンスターなども経験に応じて出現するようになります。

180726_kano2
Image: Kano

には加速度計とジャイロスコープと磁気センサーが内蔵されており、動きはBluetoothでタブレットとコンピューターに伝えるようになっています。

これまではコーディングでロボットを動かしたりと、さまざまな学習キットが作られてきましたが……魔法の杖でマジカルなアニメを操作するだけというシンプルさと、『ハリー・ポッター』がテーマという2点で、さらにプログラミングへの門戸が広くなったように思います。玩具みたいなものですが、これをきっかけにプログラマーの道へと進む子供たちが出てきそうですね。

価格は99.99ドル(約1万1,100円)。発売は10月1日からとなっています。大人でもフツーに欲しいですねコレ。


Image: YouTube
Source: YouTube via KANO
Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

岡本玄介

      あわせて読みたい

      powered by