HomePodの新OS、Apple社内でテスト中? マルチタイマーや電話機能がやってくるかも

  • author 塚本直樹
HomePodの新OS、Apple社内でテスト中? マルチタイマーや電話機能がやってくるかも
Image: Frank Gaertner/Shutterstock.com

聞き取り性能とか反応速度とか、ベース性能のアップにも期待。

今年2月に発売されたApple(アップル)のスマートスピーカー「HomePod」は、音質は良いものの機能面の貧弱さが弱点。音楽のサービスとしてSpotifyが使えないのに始まり、Siriの機能も他社のスマートスピーカーに比べると貧弱です。しかしそんな状況も、秋にリリースされる「HomePod OS 12」で少しは改善されるかもしれません。

iGeneration9to5Macによると、AppleはHomePod OS 12のベータ版をApple社内関係者でリリースしているもよう。その内容を下にまとめます。

HomePod単体の電話できるように

HomePodでの電話応答の機能をテストしています。これはHomePodから電話を発信したり受話したり、またボイスメールを聞いたり通話記録を検索したりというもの。「今までそんなこともできなかったのかい!」というツッコミの声のほうが大きそうです。今までは一旦iPhoneから発信して、HomePodに切り替えて電話をする必要ができました。なお、これらの機能が確実にHomePod OS 12に搭載されるかどうかは不明です。

室内でiPhoneを見失ったときに

また声掛けでの「iPhone(や他のデバイス)を探す」が利用できるようになります。これはHomePodに話しかけることで、iPhoneから音を鳴らしてその場所を見つけるというもの。これも結構便利そうですね。また、ペアリングしているiPhoneと同じWi-Fiネットワークに接続し直す機能も追加されるそうです。不安定なとき、すぐ再接続できるのは良いユーザビリティですね。

マルチタイマーへの対応「5分後と15分後に鳴らして」

そしてちょっと面白いのが、「マルチタイマー」への対応です。今までのタイマーは「5分後に1回」とかしか設定できませんでした。一方マルチタイマーは、その名の通り5分、10分、30分と複数のタイマーを設定するものです。たとえば土釜で米をたくとき、火の強さを調節する時間にタイマーをしかけておけば、大いに活躍することでしょう。

これらの機能はベータ版で発見されたもので、正式版のHomePod OS 12に搭載されるかどうかはまだわかりません。しかし他社製のスマートスピーカー製品にはやく追いつくためにも、もうAppleにはのんびりしている時間はないはずでしょう。


Image: Frank Gaertner/Shutterstock.com
Source: iGeneration via 9to5Mac

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ