Appleも断れず…。中国国内のiCloudデータ、政府系企業が管理することに

  • 8,294

  • author 塚本直樹
Appleも断れず…。中国国内のiCloudデータ、政府系企業が管理することに
Image: Zvonimir Atletic/Shutterstock.com

Appleは中国には逆らえず。

Apple(アップル)は、アメリカだと司法機関とよくバチバチやりあってますが、中国ではどうも様子が違うようです。中国でiCloudサービスを展開するためにAppleと提携している雲上貴州(GCBD)は、政府系企業のチャイナ・テレコムユーザーデータ移管に関する契約を結んだと発表しました。

iCloudのデータが暗号化されていることは、Appleファンならご存知かもしれません。ところが中国の場合、今年2月に暗号化キーも移管されることが発表されていました。つまり、今後は中国政府が(その気になれば)iCouldのユーザーデータと暗号化キーの両方にアクセスできることになり…当然、ユーザーデータの安全性に疑問符がつくことになります。

ただしThe Vergeによれば、これまで中国のiCloudユーザーのデータを預かってきた雲上貴州も中国政府の監視下にあるとのことで、データ流出のリスクは以前からあったんだとか。それが今回、より明らかになったというわけです。

お伝えしたいのは、中国国内のiCloudユーザーが、サーバーで中国を選んだ場合にのみ、政府系企業がデータ管理に着手するということです。なので、たとえ中国のユーザーでも、管理が中国以外の国のクラウドを選択すれば、データがきちんと移管される…はず。安全策としては、他国のサーバーを指定しながら新しいアカウントを作るのがベストなんだそう。それはそれで手間がかかる…。

世界最大級のテック企業であるAppleといえど、中国政府からの「お願い」は断れないようですね。


Image: Zvonimir Atletic/Shutterstock.com
Source: China Telecom, The Verge, Reuters

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ