新型iPad Proは「Smart Keyboard」を縦で使う?

  • 47,943

  • author 塚本直樹
新型iPad Proは「Smart Keyboard」を縦で使う?
Image: Wojtek Pietrusiewicz/Twitter

この変更は正解か、それとも…。

今年も登場が待たれる新型iPad Pro。今月には、発売前の兆候となるユーラシア経済連合(EAEU)のデータベースにそれっぽい番号が登場するなど、いよいよ期待が高まっています。いっぽう国内のApple系サイト、Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]では、新型iPad Proに関する新しい情報が伝えられました。

デザイン変更、イヤホンジャック廃止、Smart Connectorの位置が変更?

以下にMacお宝鑑定団Blog[羅針盤]が伝える、新型iPad Proの新情報をまとめてみますね。

・本体は現行モデルより小型化される。

・エッジ部分のダイヤモンドカット加工が、背面側にも施される。大きな「iPhone SE」風デザインに。

・イヤホンジャックが廃止。

・本体背面と上面のマイクはステレオ仕様に。

Touch IDの廃止とFace IDの採用。本体を横にしてのロック解除ができない。

・Smart ConnectorはLightningコネクタに近い背面下側に移動。「Smart Keyboard」は縦位置で使用するスタイルに?

・出荷は早くて2018年11月末?

この中で一番気になるのは、アクセサリー用接点のSmart Connectorが背面下部に移動すること。これにより純正キーボード「Smart Keyboard」の接続位置は、必然的に本体下になるわけです。本体を縦にして使うスタイル、果して使いやすいのでしょうか? また文章執筆に適しているのかどうかも、実に気になります。

またiPadには採用されてこなかった、iPhone SE風の両面ダイヤモンドカットのデザイン。2013年のiPad Air以降、iPadは基本的なフォルムを変えていないので、こちらも楽しみです。11月末発売まで待てるか…?

Face ID搭載は、ほぼ確実か

物理ホームボタンの廃止による「Touch ID」の廃止と、顔認証機能「Face ID」の搭載は今回も報じられていますが、以前よりiOS 12でもヒントが発見されているように、こちらはほぼ確定でしょう。

また本体サイズの小型化は、新型iPadではホームボタンがなくなり、狭額縁のディスプレイを搭載できるおかげでしょう。一方、「iPhone X」でも横向きでFace IDが使えないのはなかなか不便ですが、横で使うシーンが多いiPadで改善されないとなると実に残念です。

Image: Twitter
Source: Macお宝鑑定団Blog[羅針盤] via 9to5Mac

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by