iPhone X Plusのサイズ感はこう? 新しい流出情報が今までの報道と噛み合う

  • 19,727

  • author 塚本直樹
iPhone X Plusのサイズ感はこう? 新しい流出情報が今までの報道と噛み合う
左端が6.5インチのiPhone X Plus用ケースと思われる Image: 9to5Mac

大、中、小と揃ってます。

現在iPhoneには、フラッグシップモデルの「iPhone X」と、通常モデルの「iPhone 8/8 Plus」の2ラインナップ、3モデルが存在します。しかし2018年には、この構成にも変化が訪れるようなんです。そんな中、海外では「iPhone X Plus」「6.1インチの新型iPhone」のダミーとケースとされる動画が流出しています。

※音声はもともとありません。
Video: 9to5Mac/YouTube

上の動画が、海外テックサイトの9to5Macに投稿された問題の流出動画です。

今まで出た予測や報道と噛み合う

今年の新型iPhoneとして以下が登場するという予測が有力アナリストから出ています。

・5.8インチの「iPhone Xの後継モデル」
6.5インチの有機ELディスプレイを搭載した上位モデルのiPhone X Plus
6.1インチの液晶ディスプレイを搭載した廉価な新型iPhone

さらにForbesも、6.5インチと6.1インチの新型iPhoneのサイズ情報を報じています。それによると、6.5インチモデルは縦157.2×横77.1mm、6.1インチモデルは縦147.12×横71.52mmと、いずれもiPhone Xの縦143.6×横70.9mmからは大きくなるんだとか。まさにトップ画像のダミーのサイズ感になるようなんです。

6.5インチがハイエンド、6.1インチが廉価モデル?

さて流出したダミーとケースをみてみると、6.5インチモデルにはデュアルカメラ+フラッシュが、そして6.1インチモデルにはシングルカメラが搭載されていることがわかります。このあたりも、ハイエンドな6.5インチモデルと廉価な6.1インチモデルという性格の違いを感じさせますね。ただ、ボタンやスピーカーグリルの位置など、今回のダミーやケースとiPhone Xは非常に似通っています。この辺りのデザインの統一感は好印象です。

これまでの事前情報を裏付けるような流出情報であり、それなりの説得力があります。しかし、このようなダミーやケースは簡単にフェイク品が作れるという点には注意しておきたいところです。

今年は9月にすべての新型iPhoneの発表と販売がおこなわれるとの情報もありますが、購入するとすれば、みなさんはどのモデルにしますか?



Image: 9to5Mac
Video: 9to5Mac
Source: 9to5Mac

(塚本直樹)

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ