日本のオンライン・クレーンゲームで4000円くらい搾り取られた、外国人のおはなし

  • 18,299

  • author 中川真知子
日本のオンライン・クレーンゲームで4000円くらい搾り取られた、外国人のおはなし
Image: Thirachai_K/Shutterstock.com

これがあるから私は絶対にクレーンゲームに手を出さない。

みなさんは「いーすとけん。」なるキャラクターを知っていますか。私は知らなかったのですが、どうやら「パン生地を寝かせていたらいつの間にか現れたパンのわんこ」だそうです。疲れた現代人を癒すためにデザインされたとしか思えないなんともたるんだヤツらです。

今日は癒しキャラ「いーすとけん。」に現金を搾り取られた米GizmodoのTom Macky記者の実体験を紹介したいと思います。


ある日、僕はTwitter住民を騒がせていた、犬とイースト菌の混ざった「いーすとけん。」というキャラクターを目にした。

犬に詳しい人ならすぐわかる。柴犬をモチーフにしたキャラクターだ。これにハマった妻が俺に言った。

これを手に入れなかったら、終わりよ。

後から知ったのだが、いーすとけん。はオンラインクレーンゲーム トレバでゲットできるらしい。アプリをプレイして景品をゲットすると実際の物を家まで配送してくれる、オンラインと現実が混ざった不思議なゲームだ。アプリの新規インストールで5回無料プレイがついてくるということで、俺はすぐさまプロジェクト・いーすとけん。にとりかかった。

オンラインクレーンゲームのシステム

トレバのシステムをシステムはこうだ。

プレイするキャッチャーを選択し、トレバポイント(TP)を購入。プレイの予約をいれ、プレイ中の人が入れば順番が回ってくるのを待つ。プレイ中はカメラボタンでキャッチャーの様子を確認できたり、画面を拡大表示できたりする。アームの動きに関しては、画面に表示される矢印ボタンに従って横に動かしたり、縦に動かしたりする。

このアプリ上で景品が取れれば実物が送られてくる(恐ろしく難しいのでほとんど取れないだろう)。クレーンゲームトレバは10.000TPで南アメリカとアフリカ地域を除くどこにでも景品を送るとあるが、7日間に1回は送料無料だそうだ。これでは送料負担がとんでもないことになってしまうのでは、と少々心配になるが、そこはまったく問題ないだろう。なにせ、僕のように無駄金を費やす人が少なくないだろうから。

さて、肝心のいーすとけん。だがーー。最悪なことに、僕は目的のいーすとけん。をアプリの中で探すことができなかった。代わりに何故かリラックマの枕を狙うことにした。今考えると、友人の「eBayで買えるぞ」というアドバイスに従えば良かったとつくづく思う。

僕は怒りを爆発させた

本来の目的を見失い、私はなぜかリラックマのために20ドル以上課金していた。課金すればするほど枕は手繰り寄せられるようにシュートに近づいてきた。オタクと呼ばれようと、私はヌイグルミを手に入れなければいけないと思っていた。

米Gizmodoの同僚に進捗を収めた写真を見せると、「…全部同じ写真に見える。ちがいがあるように見えるとすれば、それはこのアプリが引き起こした精神病の結果だ」と言った。このオンラインクレーンゲームは難易度はそれほど高く、未プレイの人からはシュートに近づいているようにはまるで見えないらしかった。

そしてーー、僕は激怒した。必ずリラックマ枕をゲットしなければならぬと決意し、新たにTPを購入した。しかしその短い間に、予約していた何者かがやってきていとも簡単に景品をかすめ取っていったのだ。

僕はPaypalをみて怒りを爆発させた。

180708yeastken8
Image: Paypal

最後に僕が懐を痛めて得た教訓を伝えたい。地獄への道は少額課金で舗装されている。しかしその道を辿ってもいーすとけん。にはつながっていない。

僕はいーすとけん。やクレーンゲームトレバを責めるのではなく、自分の過ちを見つめ直すことができた。そして思う。この経験から学んだことは皆無だったな、と。


課金してる間に次のユーザーに取られてしまった、というのがなんとも恐ろしい。でも考えてみたら簡単に取れなかったからハマらずに済んだのかもしれません。



Image: Shutterstock.com, Paypal
Source: Twitter

Tom McKay - Gizmodo io9[原文
中川真知子

あわせて読みたい

powered by