名シーンを完全再現できちゃう『ジュラシック・パーク』のジープが子供用の電気カート

  • 5,663

  • author 中川真知子
名シーンを完全再現できちゃう『ジュラシック・パーク』のジープが子供用の電気カート
Image: Fisher Price

わーお!!

映画『ジュラシック・パーク』を見たのきの「わお!!」が再び蘇るようなアイテムが登場しました。あのパークを走るジープの子供用電気カートです!

1992年ジープラングラー『ジュラシック・パーク』パワーホイールエディション! プラスチックとメタルでできた69ポンド(約31キロ、重!)の電子カートは、12インチ(30センチ)のタイヤで芝生もコンクリートもグングン走ります。

座席は小さいお子さんふたり、もしくは小柄な大人ひとりが座れる大きさ。フェイクサイドミラーには迫り来るレクシーのはめ込みというニクい心配り!これにをみながらステレオ部分の恐竜音声ボタンを押せば、Tレックスから逃げまくる超白熱の名シーンを再現できちゃうってわけですねぇ。

もちろん、チェイスシーンだけでなく、ドキドキワクワクなダイナソーエンカウンターシーンもやれちゃいます。

Video: Movieclips/YouTube

ちなみに、Tレックスとカーチェイスシーンを再現するときに気になってくるのが速度ですが、新品の状態で時速2.5マイル(約時速4キロ)。ただ、ネジを外すことで倍の時速5マイル(約時速8キロ)ほどになるそうです。

ただ、このジープの速度は乗っている人の体重に大きく左右されるので注意が必要。一応子供用なので、体重制限は130ポンド(約59キロ)なんですって。

ちなみにこのFisher and Priceの電子カートのお値段は320ドル(約3万5000円)。子供のおもちゃにその値段だと条件反射で「高ーい!」と言ってしまいがちですよね。でも『ジュラシック・パーク』グッズって本当にピンキリで、高いものだと750ドル(約7万8000円)の傘立てとか、1,200ドル(約13万2000円)のラプトルヘッドとかありますからね。乗って遊べるオモチャジープなんて安い、安い。

なので、土地が余ってるぞーっというラッキーな『パーク』ファンの方、一台いかがですか? きっと、というか間違いなく楽しいと思いますよ。


Image: Fisher Price
Source: Fisher Price, YouTube(1, 2

Andrew Liszewski - io9[原文
(中川真知子)

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ