遠隔で書き換える「クラウドSIM」対応。MAYA SYSTEMから新型スマホ「jetfon」登場

  • author 小暮ひさのり
遠隔で書き換える「クラウドSIM」対応。MAYA SYSTEMから新型スマホ「jetfon」登場
Image: 株式会社MAYA SYSTEM

海外バカンス、お仕事の相棒として。

FREETELから端末事業を引き継いだMAYA SYSTEMは、国境フリーをうたう新しいスマホ「jetfon」を発表しました。2018年8月発売で、8月1日から予約開始となっています。

最大の特徴は、遠隔で書き換えられるSIM「クラウドSIM」を搭載している点。クラウドSIM対応のスマホとして日本初になります。

クラウドSIMとは各国のSIMをクラウド上に用意して、遠隔操作で端末のSIMを書き換えられるeSIMの一種です。知らない土地で現地のSIMカードを探して買わなくても、インターネット経由でその国のネットワークに簡単に繋げられるメリットがあります(現地の国内回線を使うという状況で)。iPadに搭載されているApple SIMなんかは、eSIMの有名な例ですね。

180717_maya_system_jetfon
Image: jetfon

jetfonでは世界100カ国以上でSIMカードの差し替えやAPN設定なしにデータ通信を利用できるとしています。通信プランの購入は、専用の「Global Plan」アプリから行ないます。最近はこうした技術を利用した海外Wi-Fiルーターのレンタルサービスなどもありますが、同様の技術をスマホに内蔵したわけです。

気になるのは通信プランですが、海外データを使いたいときに購入するjetfon専用プランが用意されていて、容量・日数・エリアによって価格が異なります。

0180717kaik01
Image: jetfon

一例がこちら。詳しくは公式サイトからどうぞ。

国内のデータ通信サービス単価と比べたら割高ですが、ロケーションを問わずな使い勝手の良さを考えると、選びやすい価格です。

端末の仕様としては、SoCにSnapdragon 652、RAM4GB、ROMは64GB、画面サイズは5.5インチのフルHDで、メインカメラは約1,300万画素となっています。ちなみにDSDS(クラウドSIM時は1スロット占有)にも対応しているので、国内で使う場合は格安SIMをセットしてもいいですね。

端末スペック的には平均的ですけど、DSDS対応かつ、現地SIMやルーターを用意しなくてもいい。っていう手軽さとプランの安さは、海外渡航が多い方にとっては魅力的なのでは?


Image: 株式会社MAYA SYSTEM, jetfon
Source: jetfon

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

powered by