新型iPad Proの3Dデータが流出? 背面の謎のくぼみに、新エッジ加工も

  • 32,132

  • author 塚本直樹
新型iPad Proの3Dデータが流出? 背面の謎のくぼみに、新エッジ加工も
Image: Steve H./Twitter

これが噂の両面?

そろそろ発表が近いとも噂される新型iPad Pro。今年はホームボタンとTouch IDがなくなり、そして顔認証機能「Face ID」が搭載される線が濃厚です。が、なんと先日Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]から、外部アクセサリー用の接点「Smart Connector」の位置が本体背面のLightningポート付近に変更される、との衝撃のレポートが伝えられたわけです。

そして今回、著名リークアカウントのSteve H.(@OnLeaks)は、新型iPad ProのCAD(設計図)データとされる画像を投稿しています。確かにLightningポート付近には、謎のくぼんだ構造が存在していることがわかります。彼はこれが通信ポートだとは伝えていませんが、このくぼみの正体が実に気になりますね。

新型iPad Proは「Smart Keyboard」を縦で使う?

この変更は正解か、それとも…。今年も登場が待たれる新型iPad Pro。今月には、発売前の兆候となるユーラシア経済連合(EAEU)のデータベースに...

https://www.gizmodo.jp/2018/07/ipad-pro-2018-vertical-smart-keyboard.html


これはネタ画像。「Smart Keyboard」は本当にこうなってしまうのか…?

さらに、本体背面のエッジ部分の加工にも注目したいところ。現行のiPad Proは背面エッジがなめらかな曲線となっていますが、こちらはまるでiPhone 5sやiPhone SEのような、角ばった構造となっています。これについても「背面にもダイヤモンドカットが採用される」と報告しており、それを裏付けていますね。

このように第2世代ながら、外部接続端子の位置や本体加工に変更がくわえられるかもしれない新型iPad Pro。すでにユーラシア経済連合(EAEU)のデータベースにも製品が登録されていることから、その登場時期はそう遠くないはず。おそらく今年の秋冬、もしかしたら新型iPhoneとの同時発表もありえるかもしれませんね。


Image: Twitter
Source: Twitter(1, 2

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by