メインとなり得る強ステ掃除機。パナソニック「パワーコードレス」発表

  • 22,646

  • author 小暮ひさのり
メインとなり得る強ステ掃除機。パナソニック「パワーコードレス」発表
Photo: ささきたかし

吸引力こそパワーだ!

を体現した掃除機です。パナソニックはコードレススティッククリーナーに新シリーズ「パワーコードレス」を発表しました。

これまでもパナソニックはコードレススティッククリーナーを数種販売していますが、今回のモデルは名前に「パワー」が入っているとおり、特に吸引力を追求したモデルとなっています。

メインで使う?ならば吸引力だ!

パナソニックによると、コードレススティッククリーナーの需要は年々高まっていて、気づいたところをサッと掃除する使い方から、家をまるごと掃除するようなスタイルが増えているとのこと。

つまり、従来はキャニスター型が担当していたポジションを、コードレススティッククリーナーが引き受けるようになってきたわけですね。しかし、同時にコードレスには吸引力の弱さも指摘されているとのこと。そこで家電業界最大手のパナソニック、打った一手が…

「よろしい、ならば吸引力をあげよう!」

です。その発想、わかりやすくて好きだよ。

20180720gizmodo_panasonic_IMG_9480
Photo: ささきたかし

吸引力を生み出すのは、大型高速ファンを搭載したハイパワーモーター。最大仕事率200W、コードレススティッククリーナーながら、小型のキャニスター型掃除機に肩を並べる仕事率に到達しています。

汚れ具合をチェックする「クリーンセンサー」も搭載され、自動運転モードでは吸引力が自動的に調整されますよ。

20180720gizmodo_panasonic_IMG_9498
Photo: ささきたかし

クリーンセンサーは、ゴミが多いところでは赤く点灯し、吸引力が強まり、

20180720gizmodo_panasonic_IMG_9499
Photo: ささきたかし

きれいになると青に変わり、パワーが控えめになります。

バッテリーは自動運転時で18分〜40分、ロングモードではなんと最長で65分!

コードレススティッククリーナーの常識を覆す1時間越えに思わず震えました。家まるごとどころか、車内に加えてお隣さんまで掃除の手を伸ばせる勢い。

Video: ギズモード・ジャパン

ちなみに、強モードだと約6分です

これは本当に利用時間を顧みないガチのパワーモードとなります。しかし、その分吸引力はお見事で、7kgの重り入りペットボトルも吸い上げられるほどのパワフルさ。

家庭の掃除においてここまでのパワーが必要なのか!?という、ちょっぴりのやりすぎちゃった感すらあります。

まぁ、でも毛足の長い絨毯を掃除したい場合もありますし、エアコンのフィルターを掃除したい場合もあります。そうしたシーンでは吸引力は高いに越したことはありません。吸引力の向上=作業の効率化と捉えれば、頼もしいスペックです。

パワフルだけどスムーズな操作感

mc_sbu820j_sbu620j_img_14
Image: パナソニック

吸引力を求めるとなると、どうしても重くなります。しかし、「パワーコードレス」ではその問題に対し、素材から見直しています。軽量化と剛性を備えた「セルロースファイバー樹脂」を本体に採用し、本体内側もハニカム構造にするなど、軽量さと強度を両立。

また、軽く、衝撃に強いノズルも「中空ガラス配合軽量プラスチック」を利用。バッテリーとハイパワーモーター分のウェイトを、構造の軽量化・最適化で対応しようと工夫しているあたりに国産メーカーならではの匠の技感がありますね。

このおかげで本体重量は約1.9kg、スティック部も合わせても約2.5kgに収まっています。キャニスター並のパワーがあると考えると、かなり頑張っているのでは?

20180720gizmodo_panasonic_IMG_9367
Photo: ささきたかし

動かしている時も、ヘッド部のパワーブラシがパワフルに回転するので、前後の動きに関しては予想以上に腕への負荷は少なめですよ。そしてゴミの量に応じて吸引力が変わり、1ストロークでもゴミの取り逃がしはありません。

左右に動かそうとするとそれなりに負荷は感じますけど、ヘッド部は手首の向きに合わせてクイックに動くので、フットワークは軽めな印象です。

20180720gizmodo_panasonic_IMG_9353
Photo: ささきたかし

さらにヘッド部には複数のアイデアが詰め込まれています。

壁際になると前面が開き、壁際までブラシが到達。壁際もキレイにお掃除できますよ。また、ヘッド部自体が取り外しできる「親子ノズル」、足で踏めば手軽に取り外せて隙間にも潜り込ませられるといった工夫も。

20180720gizmodo_panasonic_IMG_9328
Photo: ささきたかし

吸引力が強いパワーファイターなのは明らかですけど、こうしたテクニカルな部分もしっかりと考慮して作られているのはさすがですね。「隅々までキレイにしたい、できればお手軽に」という、僕らのお掃除したい心を絶妙にくすぐります。

20180720gizmodo_panasonic_IMG_9523
Photo: ささきたかし

「パワーコードレス」は8月30日発売、価格はオープンですが、市場推定価格はレッドカラーの「MC-SBU620J」が7万5000円前後、ホワイトカラーでロングホースとスタンド式充電台が付属した「MC-SBU820J」が9万円前後です。

いや〜、価格もパワフルですけど、吸引力が高くて、長時間利用できて、汚れの視覚化もできて、隙間や壁際までスムーズにお掃除できるって、かなりの強ステータスじゃない?

お掃除が好きな人はもちろん、お掃除がニガテな人には「パワーコードレス」の強ステータスがきっと助けになるはずです。頑張るんじゃなくてお手軽に、お部屋のキレイ化を目指しましょう。


Image: ささきたかし
Source: パナソニック

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

powered by