ついにこの日がきた。Apple Musicの米会員数がSpotifyを抜いたとの報告

  • 21,226

  • author 塚本直樹
ついにこの日がきた。Apple Musicの米会員数がSpotifyを抜いたとの報告
Image: Justin Sullivan/Getty Images News/ゲッティ イメージズ

勢い、すごいです。

月額制の音楽ストリーミングサービスでは、今「Spotify」が世界最大の会員を抱えています。そして、そのライバルとなるのが、Apple(アップル)の「Apple Music」。Spotifyは2011年にアメリカに上陸した一方で、Apple Musicは2015年にサービスローンチ。4年の差があったのですが、最新の報告によると、なんとアメリカでのApple Musicの登録者がSpotifyを超えたというのです。

このデータは、海外音楽系サイトのDigital Music Newsが報じたものです。それによると、アメリカではApple MusicとSpotifyの登録者数はどちらも2000万人を突破しており、Apple Musicは「ごく僅かに」Spotifyを上回ったそうです。もちろんSpotifyは有料登録者の数です。

このようなApple Musicの急成長は以前から報告されていました。今年5月には全世界で5000万ユーザーの達成が公式に発表され、さらにアメリカ国内では月間5%もユーザー数が増加しているとも報道されました。これは、Spotifyの月間2%をはるかに上回る数値。この割合から、今年の夏にはSpotifyを超えると言われていましたが、その予想がバッチリ当たった形になります。

Apple Music、アメリカの有料ユーザーが今夏にもSpotify超えするとの報道

順調に育っているようでなにより。Apple(アップル)謹製の音楽配信サービス「Apple Music」。他社製サービスからは後発だったため、「今は...

https://www.gizmodo.jp/2018/02/apple-music-spotify.html

Apple Musicの快進撃は、ハードウェアとサービスが密接に関連していることも大いに貢献しているはず。iPhoneやiPadを購入すればそれがApple Musicへの入り口になりますし、一応スマートスピーカーのHomePodもApple Musicのユーザー数増加に役立っている…はずです。

そして今後Apple Musicが「TV番組」や「デジタル雑誌」と統合されるというもあります。ハードウェアとソフトウェアで成長したAppleが、次はサービス事業で天下を狙うのかと考えると、なかなか感慨深いものがありますね。


Image: Justin Sullivan/Getty Images News/ゲッティ イメージズ
Source: Digital Music News via MacRumros

(塚本直樹)

2018年7月9日:誤字を修正いたしました。

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ