ロールス・ロイスが飛行機を検査するためのゴキブリ型ロボットを開発中

  • 6,709

  • author 岡本玄介
ロールス・ロイスが飛行機を検査するためのゴキブリ型ロボットを開発中
Image: Rolls-Royce Media

エンジン内にバグがないかを調べます。

SFの世界でよく見る、無数の小型ロボットがワラワラやってきて、メカを直したり壊したりするあの描写が現実のものになろうとしています。手がけるのは、航空機エンジンの製造メーカーであるロールス・ロイス・ホールディングスです。

彼らによって、飛行機のジェットエンジンを検査するための虫型(しかもゴキブリ)ロボットのプロジェクトが現在進行しているようです。ロールス・ロイスがロボットを作っていること自体にも驚きましたが、それがG型なんて。ねぇ。

開発のパートナーには、ハーバード大学とノッティンガム大学が名を連ねています。特にハーバード大学は、8年に渡って昆虫ロボットを開発してきました。アイディアの元はやっぱりGなんだそう。

現時点ではGロボを15mmまで縮小し、カメラを搭載。そして作業が終われば自力で戻ってくるか、エンジン噴射で排出されるようにするつもりなんだそうです。また、このGロボが実用化されれば、これまでは飛行機から一度エンジンを降ろしてから検査や修理をしていたのが、降ろさないまま作業ができようになります。

ロールス・ロイスの技術者いわく「以前なら5時間かかっていたところを、もしかしたら5分ほどでできるようになるかもしれません」とのこと。

2年以内に実用化の予定だそうですが、虫型に抵抗を抱く人は少なくなさそう。G恐怖症の整備士たちは使いこなせるんでしょうかね?


修正(2018年15:25)初出時、自動車メーカーのロールス・ロイス・モーター・カーズの話題として構成されていましたが、ロボットプロジェクトを進めているのは航空機エンジンなどの製造メーカーであるロールス・ロイス・ホールディングスです。誤認だったため、該当部分を修正しました。もともとは1社だったロールス・ロイスが分離した2社は現在、相互に独立しています。


Image: Rolls-Royce
Source: CNBC, Rolls-Royce, Wikipedia

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ